バラバ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バラバ
Barabbas
監督 リチャード・フライシャー
脚本 クリストファー・フライ
ナイジェル・バルチン
ディエゴ・ファッブリ(クレジットなし)
原作 ペール・ラーゲルクヴィスト
製作 ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 アンソニー・クイン
シルヴァーナ・マンガーノ
アーサー・ケネディ
ジャック・パランス
音楽 マリオ・ナシンベーネ
撮影 アルド・トンティ
製作会社 ディノ・デ・ラウレンティス・プロ
コロンビア映画
配給 コロンビア映画
公開 イタリアの旗 1961年12月23日
日本の旗 1962年8月31日
上映時間 137分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗$2,900,000[1]
テンプレートを表示

バラバ』(原題:Barabbas)は、1961年制作のイタリア映画

イエス・キリストの処刑と引き換えに赦免されたバラバのその後を描いたペール・ラーゲルクヴィストの小説を原作に映画化。

あらすじ[編集]

2000年前のエルサレム。盗賊の親玉バラバは獄中の身にあったが、罪人を1人裁く代わりに別の1人の罪人を釈放するという、年に一度のユダヤ民衆の慣習によって、イエス・キリストと引き換えに釈放されることになった。

自由になったバラバはかつての愛人ラケルと再会するが、彼女は既にキリスト教の信仰に目覚めており、バラバにも改心するよう諭すが、彼はそれを拒否し、キリストを口汚く罵る。

やがてラケルが他のキリスト教徒たちと共に捕えられて処刑されると、バラバは荒れて再び捕えられ、シチリア硫黄鉱で強制労働に従事させられる。有毒ガスの渦巻く地獄のような労役を生き抜いたバラバとキリスト教徒のサハクは州総督のはからいによって、剣闘士養成所へ入れられる。

しかし、サハクは闘技場で相手を殺すことを拒んだため、反逆罪に問われ、隊長のトルヴァドに処刑された。怒ったバラバはトルヴァドと対決、彼を倒した。

皇帝の命によって自由人になったバラバがサハクを葬った直後、ローマの炎上が始まった。バラバはこのとき「今こそ古きものを焼き払うのだ」という神の声を聞いたように思い、狂ったように火をつけて回り、三度捕えられた。多くのキリスト教徒と共に十字架にかけられたバラバは、静かに神に祈り、処刑されるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
バラバ アンソニー・クイン 石田太郎
ラケル シルヴァーナ・マンガーノ
ポンティウス・ピラトゥス アーサー・ケネディ
トルヴァド ジャック・パランス 青野武
ペトロ ハリー・アンドリュース
ルシウス アーネスト・ボーグナイン
サハク ヴィットリオ・ガスマン 富山敬
サラ ケティ・フラド
シャロン・テート
(クレジットなし)

脚注[編集]

  1. ^ "Top Rental Features of 1963", Variety, 8 January 1964 p 71. Please note figures are rentals as opposed to total gross.

外部リンク[編集]