金子満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金子 満(かねこ みつる、1939年1月 - )は、アニメーションプロデューサーディレクターシナリオライター東京都出身。東京工科大学大学院教授。東京工科大学片柳研究所教授。東京工業大学大学院後期博士課程修了。博士(学術)。

日本のコンピュータグラフィックスの父と称される。

経歴[編集]

映画配給会社東宝の重役を父として生まれる。慶應義塾大学法学部を卒業後、フジテレビジョンに入社。フジテレビの編成部で『日清オリンピックショウ 地上最大のクイズ』や『第7の男[1]ゼロファイター』などを手掛ける。1964年に手掛けた『ゼロファイター』では制作方針の混乱から、当時のスポンサーが完成作品を敬遠して1969年まで「お蔵入り」を招く失敗を経験[2]。その失敗を経て、フジテレビの社内留学制度で南カリフォルニア大学シネマスクールへ留学。さらに、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーで研修を受ける。日本帰国後は『木枯し紋次郎』などのプロデューサーを経て、浜美枝と結婚。1974年にフジテレビから独立して、映像企画会社のMK COMPANY(エムケイ)を設立。エムケイでは『ウリクペン救助隊』『ラ・セーヌの星』や、中谷国夫の名で『大空魔竜ガイキング』の原作を手掛ける。その後も、エムケイのプロデューサー兼シナリオライターとして『名犬ジョリィ』や『太陽の子エステバン』を制作。1983年には東京工業大学の安居院・中嶋研究室と共同で2Dアニメーションの研究を行い、テレビシリーズのアニメ作品では世界初のコンピュータで描画・彩色した『子鹿物語』を制作。以降も『SF新世紀レンズマン』などのアニメ作品に携わる。1987年にはジム・クリストフらと、ロサンゼルスにメトロライトスタジオを設立。メトロライトスタジオが手掛けた映画『トータル・リコール』では、当時の最新技術だったモーションキャプチャシステムがうまく作動しなかったので、アーノルド・シュワルツェネッガーのビデオショットをハーフミラーで一枚ずつコンピューターモニターに投射して、モニター上の骸骨モデルをビデオの動き通りの位置に張り付けるロトスコープを採用。アカデミーの技術協会から「お金をかけなくても良い効果を生み出せる例」としてアカデミー特別業績賞を受賞する[3]1996年に、東京工業大学大学院後期博士課程修了(情報理工学)。慶應義塾大学環境情報学部及び同大学大学院教授を経て、東京工科大学メディア学部教授、同大学大学院教授となる。2010年に、東京工科大学大学院及び東京工科大学片柳研究所教授。東京工科大学片柳研究所のクリエイティブ・ラボで主宰を務める。また、東京国際アニメフェアで委員を務めるなど、精力的に活動をしている。

JCGLの設立[編集]

1980年、日本で最初の商業CGスタジオJCGL(ジャパン・コンピュータ・グラフィックス・ラボ)を渋谷区南平台に設立。JCGLは、2階建てのブティック風のつくりながら、地下にスタジオやマシンルームを備えるという遊び心に富んだものであった。来日時のビル・ゲイツも見学に訪れたという。

1984年、製作講談社、配給東宝東和系で映画『SF新世紀レンズマン』を製作。宇宙船などを3DCGによって表現した。ニューヨーク工科大学の技術が導入されたものであった。

機器の高機能化・低価格化に伴う所有機材の陳腐化や財務状況の悪化、特許に関する訴訟などによってJCGLは次第に疲弊し、ナムコ(現・株式会社バンダイナムコゲームス)に吸収される。当時のJCGLのスタッフは離散したが、日本のCG発展に寄与することとなる。

1985年、スタッフ教育のためにJCGL内に発足した「CGカリキュラム研究会」は、その後、CG-ARTS協会へと発展し、CGクリエイター検定などを実施している。

脚注[編集]

  1. ^ 『映像ミザンセーヌの黄金則 ヒットする映画の作り方』(著:金子満、近藤邦雄、三上浩司、渡部英雄。発売:株式会社ボーンデジタル)120頁
  2. ^ 『映像ミザンセーヌの黄金則 ヒットする映画の作り方』114 - 115頁
  3. ^ 『映像ミザンセーヌの黄金則 ヒットする映画の作り方』113頁

参考文献[編集]

『キャラクターメイキングの黄金則』(著:金子満、近藤邦雄。発売:株式会社ボーンデジタル)

外部リンク[編集]