紅葉狩 (能)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紅葉狩
Noh a.jpg
作者(年代)
観世小次郎信光
形式
現在能
能柄<上演時の分類>
五番目物、鬼物
現行上演流派
観世・宝生・金春・金剛・喜多
異称
なし
シテ<主人公>
戸隠の鬼
その他おもな登場人物
鬼女の一行、
平維茂とその一行
季節
場所
信州戸隠
本説<典拠となる作品>
鬼退治伝説
このテンプレートの使い方はこちら

紅葉狩』(もみじがり)は、の一曲である。平維茂退治を描く。

観世小次郎信光作。信光は『船弁慶』『鐘巻』(『道成寺』の原型)の作者でもある。本作もまた初期の登場人物が多い、ワキの積極的な関与が見られるなど、劇的構成を目指した比較的新しいスタイルの能である。美しい紅葉の情景、美女一行の姿と舞が前段の見どころ、一転して派手な激闘となる後段との対比が楽しい能である。

登場人物[編集]

  • シテ: 紅葉見物の上臈(実は鬼)
  • ツレ: 紅葉見物の美女一行
  • ワキ: 平維茂
  • ワキヅレ: 平維茂一行
  • アイ: 美女一行の供者
  • アイ: 八幡宮の神
  • 作リ物 : 大小前に一畳台、その上に岩山と紅葉

作品構成[編集]

場面は信濃国戸隠である。前シテ一行の道行きで幕を開ける。若い美女が数人連れ立って紅葉見物にやってきた。絶景の中、地謡前に幕を巡らし宴会となる。次いで馬に乗り供の者を従えたワキが登場する。鹿狩りにやってきた平維茂の一行である。橋懸リでの道行きの後、楽しげな宴会が開かれているのを発見した維茂は、供の者に様子を見てこさせる。アイとの問答があるが、美女一行は素性を明かさない。そこで維茂は馬を降り通り過ぎようとするが、シテが現れ、どうかお出でになって、一緒に紅葉と酒を楽しみましょうと誘惑する。

無下に断ることもできず宴に参加した維茂であったが、美女の舞と酒のために不覚にも前後を忘れてしまう。シテの舞う美しい中ノ舞は突如激し急ノ舞となり、美女の本性を覗かせるが、維茂は眠ったままである。女達は目を覚ますなよと言い捨てて消える。

ここで場面は夜となる。アイによる八幡宮の神が現れ維茂の夢中に、美女に化けた鬼を討ち果たすべしと告げ、神剣を授ける。覚醒した維茂は鬼を退治すべく身構え、嵐と共に炎を吐きつつ現れた後シテ(は顰または般若)と丁々発止、激しい攻防の末ついに鬼を切り伏せることに成功する。

本説[編集]

不明だが、大日本史平維茂伝、太平記に鬼退治伝説が見られる。戸隠の紅葉の岩屋に鬼のアジトがあり、維茂によって殲滅される。

後世への影響[編集]

多くの場合、能の鬼は女の妄念から生ずる(例えば鐡輪葵上道成寺)。しかし本作では鬼が本体であって、仮に美女の姿をとっている(黒塚もそのように解釈することが可能である)。この点、戸隠鬼無里の鬼女伝説と内容的に関連しており、後者が能の影響を受けている可能性がある。後に本作をもとに近松門左衛門によって歌舞伎の時代物『色狩剣本地』(もみじがり つるぎの ほんち、正徳4年)、九代目市川團十郎による舞踊劇紅葉狩』、明治20年)が作られている。

参考資料[編集]

  • DVD 「紅葉狩 -鬼揃- 〜蝋燭能〜鬼づくしの二夜」(の第二部) カルタコム VZBG5 - 観世流公演のライブ収録。「鬼揃」は小書の名で、通常後段は後シテとワキの一騎討ちになるが、この小書がつくと、ツレも鬼となって現れる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]