天沢退二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天沢 退二郎(あまざわ たいじろう、1936年7月21日 - )は、日本の詩人仏文学者児童文学作家、翻訳家宮沢賢治研究者。東京大学文学部仏文科卒業。明治学院大学文学部フランス文学科名誉教授。

年譜[編集]

著作[編集]

詩集[編集]

  • 『道道』(舟唄叢書、1957)
  • 『朝の河』(國文社、1961)
  • 『夜中から朝まで』(新芸術社、1963)
  • 『時間錯誤』(思潮社、1966)
  • 『血と野菜』(思潮社、1970)
  • 『取経譚』(山梨シルクセンター出版部、1972)
  • 『譚海』(青土社、1972)
  • 『「評伝オルフェ」の試み』(書肆山田、1973)
  • 『夜々の旅』(河出書房新社、1974)
  • 『Les Invisibles 目に見えぬものたち』(思潮社、1976)
  • 『死者の砦』(書肆山田、1978)
  • 『乙姫様』(青土社、1980)
  • 『帰りなき者たち』(河出書房新社、1981)
  • 『眠りなき者たち』(中央公論社、1982)
  • 『《地獄》にて』(思潮社、1984)
  • 『ノマディスム』(青土社、1988)
  • 『欄外紀行』(思潮社、1991)
  • 『夜の戦い』(思潮社、1995)
  • 『胴乱詩篇』(思潮社、1997)
  • 『悪魔祓いのために』(思潮社、1999)
  • 『幽明偶輪歌』(思潮社、2001)
  • 『御身あるいは奇談紀聞集』(思潮社、2004)
  • 『Avision - 幻夢詩篇 』 (書肆山田、2009)
  • 『アリス・アマテラス』(思潮社、2011)

選詩集[編集]

  • 『天澤退二郎詩集』(青土社、1972)
  • 現代詩文庫 天沢退二郎詩集』(思潮社、1977)
  • 『新選現代詩文庫 新選天沢退二郎詩集』(思潮社、1980)
  • 『《房総文芸選集》天沢退二郎集』(あさひふれんど千葉、1991)
  • 『現代詩文庫 続・天沢退二郎詩集』(思潮社、1993)
  • 『現代詩文庫 続続・天沢退二郎詩集』(思潮社、1993)

児童文学[編集]

長編[編集]

  • 『光車よ、まわれ!』(筑摩書房、1973)のち文庫
  • 『《三つの魔法》その一・オレンジ党と黒い釜』(筑摩書房、1978)
  • 『《三つの魔法》その二・魔の沼』(筑摩書房、1982)
  • 『《三つの魔法》その三・オレンジ党、海へ』(筑摩書房、1983)
  • 『《三つの魔法》その四・オレンジ党 最後の歌』(復刊ドットコム、2011)

短編集[編集]

  • 『夢でない夢』(大和書房、1973)
  • 『闇の中のオレンジ』(筑摩書房、1976)
  • 『水族譚 - 動物童話集』(大和書房、1978)
  • 『ねぎ坊主畑の妖精たちの物語』(筑摩書房、1994)

評論・評論集[編集]

  • 『宮沢賢治の彼方へ』(思潮社、1968)のちちくま学芸文庫
  • 『紙の鏡 - 言葉から作品へ作品から言葉へ』(洛神書房、1968)のち山梨シルクセンター出版部
  • 『作品行為論を求めて』(田畑書店、1970)
  • 『夢魔の構造 - 作品行為論の展開』(田畑書店、1972)
  • 『《宮澤賢治》論』(筑摩書房、1976)
  • 『フランス詩への招待 - 訳詩と鑑賞』(思潮社、1980)
  • 『幻想の解読』(筑摩書房、1981)
  • 『エッセー・オニリック - アーサー王・ボスコ・銀河鉄道の夜』(思潮社、1985)
  • 『《宮沢賢治》鑑』(筑摩書房、1986)
  • 『《中島みゆき》を求めて』(創樹社、1986)のち河出文庫
  • 『詩はどこに住んでいるか』(思潮社、1990)
  • 『丸善ライブラリー 謎解き・風の又三郎』(丸善、1991)
  • 『《宮沢賢治》注』(筑摩書房、1997)
  • 『《宮沢賢治》のさらなる彼方を求めて』(筑摩書房、2009)

共著[編集]

  • 『「銀河鉄道の夜」とは何か 討議』(青土社、1979)
  • 『討議・「銀河鉄道の夜」とは何か 新装改訂版』(青土社、1979)

エッセー集[編集]

  • 『雪から花へ 風俗から作品へ』(思潮社、1980)

編著[編集]

  • 『宮沢賢治研究叢書「春と修羅」研究 1・2』(学芸書林、1975)
  • 『銀河鉄道の夜・風の又三郎・ポラーノの広場』(講談社、1979)
  • 『新編宮澤賢治詩集』(新潮社、1991)
  • 『宮澤賢治ハンドブック』(新書館、1996)
  • 『あまの川 - 宮沢賢治童謡集』(筑摩書房、2001)
  • 『宮沢賢治万華鏡』(新潮社、2001)

共編著[編集]

  • 『校本宮澤賢治全集』(筑摩書房、1973-1977)
  • 『新修宮澤賢治全集』(筑摩書房、1980-1982)
  • 『文庫版宮澤賢治全集』(筑摩書房、1985-1995)
  • 『名詩渉猟 - わが名詩選』(思潮社、2005)
  • 『新校本宮澤賢治全集』(筑摩書房、1995-)

翻訳[編集]

共訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「「満州・幻のイーハトーヴ」(東北放送)を聴いて 」宮沢賢治学会イーハトーブセンター会報No.34、2007年
  2. ^ Macintosh、Pippin @、Windows、SONY PlayStation、SEGA SATURNなど各種プラットフォーム向けに発売。第2回AMD Awardにて優秀作品賞を受賞[1]
  3. ^ Macintosh、Windows向けに発売。

関連項目[編集]