透明人間 (1954年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
透明人間
Transparent Man
監督 小田基義
脚本 日高繁明
製作 北猛夫
出演者 河津清三郎
三條美紀
土屋嘉男
音楽 紙恭輔
撮影 円谷英二(特技指導)
編集 庵原周一
配給 東宝
公開 日本の旗 1954年12月29日
上映時間 70分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
『透明人間』

透明人間』(とうめいにんげん) は、1954年12月29日に公開された、東宝制作の特撮SF映画。上映時間70分、モノクロ作品。同時上映は『岩見重太郎 決戦天の橋立』。

戦時中の人体実験によって自分の存在を物理的に消された男が、普通の人間として生活しながら、彼を名乗って暗躍するギャング集団に立ち向かう姿を描いた作品である。

概要[編集]

本作は『ゴジラ』に続く特撮技術を駆使した映画として企画・製作された[1]。『ゴジラ』が縫いぐるみとミニチュアによる特撮を主としていたのに対し、本作では光学合成が多用されている。円谷英二は本編撮影を兼ねており、本編カメラマンとしてはこれが最後の仕事である。

後に制作される変身人間シリーズの先駆的作品との扱いを受けている。特に『美女と液体人間』は本作との共通点が多く、オマージュではないかとされる[2]

あらすじ[編集]

銀座4丁目で旧日本軍の特殊部隊「透明人間特攻隊」の生き残りの轢死体が遺書と共に発見された。遺書の描写から、透明人間の生き残りが少なくとももう1人いることが判明する。するとしばらくして、「透明人間」と名乗るギャング集団による強盗事件が次々と発生した。一方、キャバレー「黒船」でサンドウィッチマンピエロとして働く南條は同じアパートに住む盲目の少女まりに『金髪のジェニー』のオルゴールを買う約束をしていた。最初の自殺に遭遇して以来、透明人間の調査を進めていた新聞記者の小松は、襲撃された宝石店を訪れていた南條に目を付ける。そして南條の部屋に乗り込んだ小松は、そこで驚くべき光景を目にする。南條が常にピエロの格好をしている理由―それは彼こそがもう一人の透明人間だからであった。南條は小松と共に、自分の名誉を汚し、まりの祖父を利用した挙句殺害したギャング集団の正体を突き止めることを誓った。だが2人の調査の結果、ギャング事件の黒幕は「黒船」の中にいることが判明する。

透明人間[編集]

設定[編集]

戦時中、西崎博士は、サイクロトロンにより「リン放射性同位体に対する陽子の連続衝撃実験」を行った。その時に偶然発見したホストンの吸収により可視光線を完全に透してしまう人間(詳しい資料は残っていないと劇中語られている)。太平洋戦争末期になって、透明人間によって特攻隊が編成されたが、サイパン島で玉砕を遂げた…とされていたが、実は2人の透明人間が生き残っていた。ホストンの効果は元に戻すことができないため、一度透明人間になった者は死なないかぎり目視できない(ただし出血した血液は実体化する)。南條が常にフェイスペインティングをしているのはその為である。

演出[編集]

透明人間の描写には、円谷英二の指導によって様々な工夫がされている。光学合成は勿論のこと、南條が透明のまま物を投げつけたり演奏するシーンはピアノ線が用いられている。また、南條が顔のペイントを落とすと透明になる場面は、逆に墨を塗りつけて、黒くなったところへ背景を合成するというアイデアが使われた[1]。南條がラビットスクーターに乗って矢島を追うシーンは、スクーターにキャスターを追加して倒れないようにした上で、無人のまま走行させている[1]

スタッフ[編集]

※映画クレジット順

キャスト[編集]

※映画クレジット順

※以下クレジット表記なし

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス2012年、11頁。ISBN 9784864910132 
  2. ^ 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス、2012年、10頁。 
  3. ^ 撮影当初ヒロイン役は北川町子であったが、クランクイン間もなく急性虫垂炎で降板している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]