太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太平洋の奇跡
-フォックスと呼ばれた男-
監督 平山秀幸
脚本 西岡琢也
グレゴリー・マークェット
チェリン・グラック
原作 ドン・ジョーンズ
製作総指揮 奥田誠治
出演者 竹野内豊
音楽 加古隆
撮影 柴崎幸三
編集 洲崎千恵子
製作会社 「太平洋の奇跡」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2011年2月11日
上映時間 128分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 15.7億円[1]
テンプレートを表示

太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』(たいへいようのきせき フォックスとよばれたおとこ)は、ドン・ジョーンズの長編実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を原作とした 2011年2月11日公開の日本映画

厚生労働省社会保障審議会が推薦する児童福祉文化財の1つに選ばれている[2]

概要[編集]

太平洋戦争において激戦が繰り広げられたサイパン島で、わずか47人の兵で45,000人もの米軍を巧みな戦略で翻弄し、米兵らから畏敬の念を込めて「フォックス」と呼ばれた実在の大場栄陸軍大尉タッポーチョ山を拠点とした大場とその部隊が、1945年8月のポツダム宣言受諾以降も、その事実を知らずに戦い続けた実話を日米双方から描く(詳細はサイパンの戦いを参照)。

全国300スクリーンで公開され、2011年2月12、13日土日2日間で興収は2億5,510万700円、動員は21万6,495人(初日からの3日間では興収は3億9,044万8,500円、動員は33万1,967人)になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[3]。イギリス、アイルランド、ドイツ、オーストリア、スイスの5カ国での配給が決定しているほか、ほかの国でも配給交渉が行なわれている。

また、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第1位と50代を中心に世代に高評価されている。

ストーリー[編集]

昭和19年7月、サイパンの戦いにおいて、圧倒的な数のアメリカ軍に斬り込む総攻撃に生き残った日本陸軍の大場栄大尉。生き残りの兵士たちとジャングルに後退した彼は「玉砕」のみを考えていたが、次第に民間人や残された兵士のため、生き残って最後まで戦おうと決意する[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

撮影は平山秀幸監督率いる日本ユニットとチェリン・グラック監督率いる米国ユニット、尾上克郎監督率いる特撮ユニットの3隊で進められ、両軍それぞれの目線で描かれる[6]

ロケ地[編集]

ロケ地はタイ2010年5月20日に撮入。なお、タイ南部だけでなく、サイパン島でもロケ撮影が行なわれた[6]

原作との違い[編集]

  • 原作の冒頭にある昭和57年にハーマン・ルイスが大場の家を訪れるエピソードがない。
  • 原作では「フォックス」という呼び名は登場しない。
  • 原作ではハーマン・ルイスの階級は少佐(終盤で中佐に昇進)だが、映画では大場と同じく大尉。
  • 原作には登場しない穏健派のウェシンガー大佐が登場する。
  • 原作では木谷の青野への恋愛感情がはっきりと描かれているが、映画では匂わす程度である。
  • 医薬品を盗みに入るエピソードが違う。原作では、撃たれた青野のもとに木谷が駆けつけ、木谷の腕の中で青野が息絶える。それを嘆き悲しむ木谷が米兵に銃剣で刺し殺される。映画ではそもそも木谷はその場におらず、代わりに堀内が銃撃戦の末に死ぬ。青野は撃たれるが病院に収容されて助かる。
  • 堀内の死のエピソードが違う。
  • 木谷が日本人通訳を(裏切り者と思い)射殺するエピソードが加えられている。
  • 木谷が死ぬことなく、投降を拒否して1人で山に籠る。
  • 大場隊が投降した後のエピソード(青野や以前救った赤ん坊との再会など)が加えられている。

プロモーション[編集]

初期のTVCMでは、音楽を担当した加古隆が作曲した『パリは燃えているか』(NHKスペシャル映像の世紀」メインテーマ曲、1995年)が使用されていた。

書籍[編集]

原作[編集]

  • 映画公開に合わせ、原作本が『タッポーチョ 太平洋の奇跡「敵ながら天晴」玉砕の島サイパンで本当にあった感動の物語』のタイトルで復刊・文庫化(ISBN 4396315368)され、2011年2月4日に発売された。

ノベライズ[編集]

逸話[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 2011年3月22日 第30回社会保障審議会福祉文化分科会議事要旨”. 厚生労働省. 2012年7月17日閲覧。
  3. ^ 『太平洋の奇跡』が首位を飾り『あしたのジョー』も女性・若者層を中心にヒット!東宝の作品がベスト3にシネマトゥディ 2011年2月16日
  4. ^ 原作の「訳者あとがき」において翻訳者の中村定は「当時、大場さんは“玉砕”のみを考えていた、と言うのに対し、ジョーンズ氏は、それを“生き残って最後まで戦う”とした」と原作者によるフィクショナイズであると明記している。
  5. ^ 日本語版の方が先に出版されたため、「原題」ではない。
  6. ^ a b 竹野内、丸刈り兵!灼熱ジャングルで役者魂”. SANSPO.COM (2010年6月29日付). 2010年8月30日閲覧。
  7. ^ 映画『太平洋の奇跡‐フォックスと呼ばれた男-』特集”. テレビドガッチ. 2011年6月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]