コドモノクニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コドモノクニ
ジャンル 児童雑誌
読者対象 少年少女
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 東京社
発行人 鷹見久太郎
編集主任 和田古江
編集顧問 倉橋惣三
刊行期間 1922年1月(1922年1月号) - 1944年3月(1944年3月号、第23巻3号287冊)
特記事項 NCID AA11722432
全国書誌番号:00121716

コドモノクニとは、1922年1月から1944年3月にかけて東京社(現ハースト婦人画報社)から出版されていた児童雑誌。子供のために描かれる童画という絵画ジャンルの確立に寄与した、大正時代を代表する絵雑誌である[1]

概要[編集]

従来、子供向けの本の画家は、文に添える挿絵を描く画家であり、作家よりも重視されることはなかったが、1914年の『子供之友』(婦人之友社)創刊以降、絵雑誌がその活動の場として注目され始めており[1]、『赤い鳥』、『金の船』、『童話』などの童話雑誌が次々と創刊されるなかで、1922年1月に創刊された。

少女画報』の編集者であった和田古江が編集主任を、教育学者の倉橋惣三が編集顧問を務めた。既に発行されていた各雑誌でそれぞれ専属的に活動していた画家たちを集め、個性豊かな童画を載せることにより、芸術的な絵雑誌として高い評価を得た[2]

大判・多色刷で、創刊期の大正モダニズムを背景とした芸術性、デザイン性を重視した作りは子供向けという範疇を超えて新たな芸術総合雑誌ともいえるものであった。内容は、童話音楽を中心に、親向けの教育的な頁もあった。

第二次世界大戦中の用紙難で1944年に23巻3号をもって休刊されるまで通算287冊発行され[3]、多くの作家・画家が誌面を飾った。

執筆者[編集]

作家・詩人[編集]

挿絵画家[編集]

音楽家[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『はじめて学ぶ日本の絵本史I 絵入本から画帖・絵ばなしまで』 鳥越信、ミネルヴァ書房〈シリーズ・日本の文学史〉、2001年、328-329頁。ISBN 978-4-623033-15-7
  2. ^ 『こどもパラダイス 1920-30年代 絵雑誌に見るモダン・キッズらいふ』 堀江あき子・谷口朋子、河出書房新社、2005年、117頁。ISBN 978-4-309727-46-2
  3. ^ 国立国会図書館国際子ども図書館. “「コドモノクニ」掲載作品検索:このデータベースについて”. 絵本ギャラリー. 2011年7月25日閲覧。

関連資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]