東京都立三田高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京都立三田高等学校
東京都立三田高校校舎
過去の名称 東京府立第六高等女學校
東京都立第六高等女學校
東京都立第六女子新制高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都
設立年月日 1923年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13255B
所在地 108-0073
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立三田高等学校(とうきょうとりつみたこうとうがっこう)は、東京都港区三田一丁目に所在する都立高等学校

概観[編集]

1923年大正12年)に東京府立第六高等女学校として誕生。1929年昭和4年)には校内に夜間部(後の定時制)として私立六高女夜学校が設立され、1936年(昭和11年)東京府立第六高女夜学校、1941年(昭和16年)東京府立洗心女学校へと改称した。戦後、1950年(昭和25年)1月に東京都立三田高等学校と改称し、同年4月に男女共学定時制併置の新制高等学校に改組された。2008年平成20年)に定時制を閉課し、全日制のみとなった。現在は東京都教育委員会により「指定進学指導推進校」の指定を受けている。

沿革[編集]

略歴[編集]

1923年大正12年)に東京府立第六高等女学校として誕生。校章の六枚の花弁をもつ「なでしこ」は、第六高女に由来している。開校の翌年、筑後久留米藩・有馬中務大輔の大名屋敷の跡地である現在の敷地に新校舎を建て移転。現在も当時の築山の名残として「オセンチ山」が校庭に残っている。

開設の翌年に洋服を校服とし、初年度から修学旅行を行っている。また、1926年(大正15年)にはスキー教室を実施。1931年昭和6年)には室内プールを設置した。この室内プールは女生徒の水着姿を人前に晒さないことが目的であり、前年に設置された屋外プールに建物を付け加えただけの加温設備を持たないものであったが、改築を経て現在の室内温水プールに至っている。また、体育教育に力を注ぎ、開設当初から運動会(現体育祭)を芝公園で実施し、1929年(昭和4年)からは、明治神宮競技場(現・国立競技場)で行った。一時は狭い校地の中にある校庭で体育祭が行われていたが、現在は大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場で行っている。

昭和40年代の学生運動が盛んであった当時、多くの都立進学校が混乱に陥いる中、生徒教師の協力のもと、ほぼ通常通りの授業が行われた数少ない「無紛争校」であった。都心部に存在する都立高校への社会的要求を受け入れる形で、大規模改築を機に1977年(昭和52年)、海外帰国生徒学級を竹早高校とともに都立高校として初めて設置した(現在は南多摩高校国際高校を含め4校がある)。

グラウンドが狭く、東京都済生会中央病院に隣接することを理由として長らく野球部を持たなかった。しかし2006年度に有志によって野球同好会が設立され、翌2007年に正式な部に昇格した。

もともと旧第一学区の女子ではトップクラスの受験難易度であったため[1]学校群制度(旧11群)が制定された時、日比谷高校九段高校(この2校は女子の募集定員が少ない)と同じ群で編成された。1982年に学校群制度が廃止されて始まったグループ合同選抜制度制定以降は、日比谷高校に次ぐ位置にあった。グループ選抜が1994年に廃止され単独選抜に移行した後は、私立の進学校に押される一方、日比谷高校が独自入試を実施したり九段高校がコース制を採用したりする中、入試難易度・進学実績ともに低迷が続いていたが徐々に人気が回復し、重点支援校の指定を受け、さらに文部科学省による学力向上拠点形成事業指定校の指定も受けた。現在は土曜授業の復活・制服の導入・難関大合格に対応するカリキュラム編成や進学指導体制の充実などの学校改革が進んでいる。このほか、受験対策講習・放課後の大手予備校教材を用いたサテライト講習などが行われた結果、入試は近年男女共に高倍率である。

同窓会(ワカバ会)は一般社団法人としての法人格を持ち、同窓会の事務取扱の他、軽井沢に山荘(現在は閉鎖)と大田区鵜の木に駐車場を所有している。

定時制は次第に入学生が減少し、都立城南高校と三田高校をはじめとする近隣各校(日比谷芝商業青山第一商業)の定時制課程を統合した東京都立六本木高等学校の設立により、2008年平成20年)3月に閉課された。

年表[編集]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

東京都港区三田1-4-46

アクセス[編集]

電車

バス いずれも「赤羽橋」下車5分 都営バス

  • 橋86 目黒駅-赤羽橋-新橋駅
  • 反96 赤羽橋(五反田循環)
  • 都06 渋谷駅-赤羽橋-新橋駅

東急バス

  • 東98 等々力操車所-目黒駅-赤羽橋-東京駅南口

制服[編集]

開設の翌年には洋服を校服とされた。1974年(昭和49年)からブレザー型の標準服を導入した。これは昭和40年代前半の制服廃止闘争など、他校での学生運動の反省をふまえ、生徒教師の長期にわたる話し合いで決定されたものである。その後、自由服になったが時代の変化に伴い、2007年度入学生よりデザインを改定し、校則で規定された制服として新たに設定された。男女ともにネクタイを着用する。

教育[編集]

教育目標[編集]

教養人・リーダー・開拓者の育成 心を鍛える

国際教育[編集]

国際理解教育に重点を置いた教育をしており、「海外帰国生徒学級」を設置。多数の帰国生が在学している。「国際理解講演会」「国際理解シンポジウム」「留学生が先生」などの行事が古くから実施されているほか、外国語の特別クラブも用意されており、英語やスペイン語などの学習が授業外も可能である。カリキュラムは英語を重視したものとなっている。英語の必修単位数は都内有数[要出典]の多さであり、選択科目も英語関係科目を履修すると、3年間で相当な量の英語を勉強することができる。また、1年次には外国人講師によるドイツ語フランス語中国語の履修ができる。学校方針で留学生も積極的に受け入れている。1991年には直前に都合で中止になったものの、当時のジョージ・H・W・ブッシュ大統領が来校する計画があった。2012年からは韓国の忠南外語高校と姉妹校提供し、海外修学旅行を実施している。

SPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)[編集]

SPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)とは文科省の推進する事業で、現在4年連続で採択されている。首都大学東京、信州大学との連携講座を実施している。

部活動[編集]

運動部[編集]

  • 男子バスケットボール部
  • 女子バスケットボール部
  • 男子バレーボール部
  • 女子バレーボール部
  • バドミントン部
  • アメリカンフットボール部
  • サッカー部
  • 硬式野球部
  • 硬式テニス部
  • ソフトテニス部
  • 陸上競技部
  • 水泳部
  • 弓道部
  • 剣道部
  • 卓球部
  • ワンダーウォーゲル部
  • ダンス部

文化部[編集]

  • 新聞部
  • 放送部
  • 吹奏楽部
  • 管弦楽部
  • コーラス部
  • フォークソング部
  • 物理部
  • 生物部
  • 化学部
  • 美術部
  • 漫画研究部
  • 写真部
  • ホームメイド部
  • 茶道部

同好会[編集]

  • 園芸同好会
  • ボランティア同好会
  • 地学同好会
  • 劇壇同好会
  • 英語同好会

特別クラブ[編集]

  • 韓国語
  • スペイン語
  • 英会話

学校行事[編集]

大井陸上競技場にて行われる。赤団、白団、青団に分かれ競いあう。
  • 白珠祭(はくじゅさい)
学園祭で9月の下旬に行われる
国際理解教育を促進するため2012年度から旅行先を海外に設定している。2012年度は韓国へ行き姉妹校である忠南外国語高校との交流を行った。2013年度はマレーシアに決定された。
  • スキー教室
古くから行われており、現在はワカバ会が主催していて自由参加になっている。
2月にアプリコにて行う。音楽を選択している生徒と吹奏楽部、管弦楽部でのベートーヴェン交響曲第9番の演奏が目玉である。

関連団体[編集]

  • 忠南外国語高校(姉妹校/韓国)
  • 社団法人 ワカバ会(都立三田高校全日制同窓会)
  • 青葉会(都立三田高校定時制同窓会)

主な出身者[編集]

経済[編集]

学術・文化[編集]

マスメディア[編集]

芸能[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

著名な教員[編集]

  • 平山美知子(理科教諭、NHK高校講座化学講師等)
  • 辻本千鶴子(英語教師、日本グローバル教育学会理事、『CROWN English Series』編集委員、『高等学校学習指導要領の展開―総則編』『全英連 高校生の英単語』執筆者)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (参考)東京都都立高校の1965当時の難易度

外部リンク[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト/学校の「高等学校のテンプレート」を使用しています。