アメリカ合衆国労働長官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ合衆国労働長官
US-DeptOfLabor-Seal.svg
労働省紋章

Thomas Perez official portrait.jpg

現職者:
トーマス・ ペレス
就任日: 2013年7月23日
初代 ウィリアム・B・ウィルソン
設置日 1913年3月6日
大統領権限
継承順位
第10位
公式サイト www.dol.gov

アメリカ合衆国労働長官(アメリカがっしゅうこくろうどうちょうかん、United States Secretary of Labor)は、アメリカ合衆国労働省の長で、大統領顧問団のメンバー。労働省は、以前は商務省の一部であった。

歴代労働長官[編集]

No. 労働長官 任期開始日 任期終了日 大統領 備考
1 ウィリアム・B・ウィルソン 1913年3月6日 1921年3月4日 ウッドロウ・ウィルソン
2 ジェームス・J・デイヴィス 1921年3月5日 1930年11月30日 ウォレン・ハーディング
カルヴァン・クーリッジ
ハーバート・フーヴァー
3 ウィリアム・N・ドーク 1930年12月9日 1933年3月4日 ハーバート・フーヴァー
4 フランシス・パーキンズ 1933年3月4日 1945年6月30日 フランクリン・ルーズベルト
ハリー・トルーマン
初の女性労働長官
5 Lewis B. Schwellenbach 1945年7月1日 1948年6月10日 ハリー・トルーマン
6 モーリス・J・トービン 1948年8月13日 1953年1月20日
7 マーティン・P・ダーキン 1953年1月21日 1953年9月10日 ドワイト・アイゼンハワー
8 ジェームズ・P・ミッチェル 1953年10月9日 1961年1月20日
9 アーサー・ゴールドバーグ 1961年1月21日 1962年9月20日 ジョン・ケネディ
10 ウィラード・ウィッツ 1962年9月25日 1969年1月20日 ジョン・ケネディ
リンドン・ジョンソン
11 ジョージ・シュルツ 1969年1月22日 1970年7月1日 リチャード・ニクソン
12 ジェームズ・ホジソン 1970年7月2日 1973年2月1日
13 ピータ・J・ブレナン 1973年2月2日 1975年3月15日 ジェラルド・フォード
14 ジョン・トマス・ダンロップ 1975年3月18日 1976年1月31日
15 ウィリアム・ユザリー 1976年2月10日 1977年1月20日
16 レイ・マーシャル 1977年1月27日 1981年1月20日 ジミー・カーター
17 レイモンド・J・ドノヴァン 1981年2月4日 1985年3月15日 ロナルド・レーガン
18 ウィリアム・E・ブロック 1985年4月29日 1987年10月31日
19 アン・ドーア・マクラフリン 1987年12月17日 1989年1月20日
20 エリザベス・ドール 1989年1月25日 1990年11月23日 ジョージ・H・W・ブッシュ
21 リン・マーティン 1991年2月22日 1993年1月20日
22 ロバート・ライシュ 1993年1月22日 1997年1月10日 ビル・クリントン
23 アレクシス・ハーマン 1997年5月1日 2001年1月20日 初のアフリカ系アメリカ人長官
24 イレーン・チャオ 2001年1月29日 2009年1月20日 ジョージ・W・ブッシュ 初のアジア系アメリカ人長官
25 ヒルダ・ソリス 2009年2月24日 2013年1月22日 バラク・オバマ
26 トーマス・ ペレス 2013年7月23日 在職中