イレーン・チャオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イレーン・L・チャオ
趙小蘭


任期
2001年1月29日 – 2009年1月20日
大統領 ジョージ・W・ブッシュ
前任者 アレクシス・ハーマン
後任者 ヒルダ・ソリス

任期
1991年 – 1992年
大統領 ジョージ・H・W・ブッシュ
前任者 ポール・カヴァーデル
後任者 キャロル・ベラミー

出生 1953年3月26日(61歳)
中華民国, 台北市
政党 共和党
配偶者 ミッチ・マコーネル
母校 マウント・ホリヨーク大学
ハーバード・ビジネス・スクール
イレーン・チャオ

イレーン・ラン・チャオ: Elaine Lan Chao、中国名:趙小蘭1953年3月26日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。2001年労働長官に就任し、中国系アメリカ人アジア系アメリカ人女性として初めて米国閣僚となった[1]台湾出身。輔仁大学名誉博士

出身[編集]

1953年、台湾の台北で生まれた。父親の趙錫成は江蘇嘉定(今上海市嘉定区)を祖籍とする外省人で、商船船長。若い頃、交通大学に学び、江沢民と同級生だった。母親は歴史学者の朱木蘭。台北の静心小学に入学したが、8歳の時に一家で米国に移住、ニューヨークロングアイランドに住んだ。

経歴[編集]

1975年、マウントホーリオーク大学(女子大学)で経済学を学んだ後、父親が経営する船会社で2年間勤め、1979年ハーバード大学経営大学院で経営学修士号(MBA)を取得した。卒業生代表に選ばれるほどの優秀な成績だった。シティバンクニューヨーク支店に勤め、1983年ホワイトハウス実習生に選ばれて政治の研修をした。1984年から1986年にはサンフランシスコバンク・オブ・アメリカで副社長をしている。この頃から共和党の資金集めに協力するようになった。1986年、連邦政府に入り、運輸省海事管理局次長に就任、1988年には連邦海事委員会議長に選ばれた。1989年にはジョージ・H・W・ブッシュ政権の運輸副長官に任命され、政治的ポストに就いた。1991年平和部隊団長、1992年、米国連合慈善基金総裁を歴任し、1993年にはケンタッキー州選出共和党上院議員ミッチ・マコーネルと結婚、父と江沢民が同級生であるため結婚式には台湾だけでなく中国の駐米代表多数が詰め掛けたという。1996年には基金総裁を辞任して夫の補佐に専念した。

2001年ジョージ・W・ブッシュ政権の第24代労働長官に就任した。

参照[編集]

外部リンク[編集]


官職
先代:
ポール・カヴァーデル
平和部隊団長
1991年 - 1992年
次代:
キャロル・ベラミー
公職
先代:
アレクシス・ハーマン
アメリカ合衆国労働長官
2001年1月29日 - 2009年1月20日
次代:
ヒルダ・ソリス