チャールズ・マンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・ミルズ・マンソン
Charles Milles Manson
1969年
生誕 1934年11月12日(80歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ
罪名 殺人、共謀
有罪判決 殺人罪共謀罪
刑罰 終身刑
現況 服役中
職業 カルト指導者、アーティスト

チャールズ・ミルズ・マンソン(Charles Milles Manson、1934年11月12日 - )は、アメリカカルト指導者、犯罪者

1960年代末から1970年代の初めにかけて、カリフォルニア州にて「ファミリー(マンソン・ファミリー)」の名で知られる疑似生活共同体を率いて集団生活をしていた[1][2][3]

人物概要[編集]

女優のシャロン・テートラビアンカ夫妻Leno and Rosemary LaBianca)を殺害した(自身の信者を教唆して殺害させた)ことで、共謀罪を宣告された。共謀という目的の促進のため、彼の仲間の共謀者たちが犯した犯罪により、メンバーそれぞれが共謀罪として有罪となり、マンソンは連帯責任の規則で殺人の罪による有罪判決を受けた[4][5]

ファミリーができあがり始めた当時のマンソンは、さまざまな犯罪行為のために矯正施設で人生の半分を過ごした。殺人を犯す前の時期の彼は、ロサンゼルスの音楽業界の人間とは距離を置いていた。偶然にも、ザ・ビーチ・ボーイズデニス・ウィルソンを経由してのつながりがあった。犯罪の嫌疑を受けたのち、マンソンによって書かれ、演奏された曲がレコーディングされ、商用発売された。ガンズ・アンド・ローゼズマリリン・マンソンを含む歌手たちが、数十年にわたって彼の歌をカバーしている。マリリン・マンソンのリードボーカリスト、ブライアン・ヒュー・ワーナーは、「マンソン」の名を「悪の象徴」として使用している。

カリフォルニア州最高裁判所にて、1972年にマンソンに対する死刑が決定したが、死刑制度が一時的に廃止されたことで、マンソンは自動的に終身刑に減刑された[6]。カリフォルニア州では、最高刑として死刑が復興したが、コーコラン刑務所(California State Prison)に服役中のマンソンには何ら影響を及ぼすことはなかった。

2014年11月、9年前から彼と交流を続けてきた現在26歳の女性が、自分はチャールズ・マンソンの妻だとCNNのインタビューで話した。「私たちはいつも共にあるの」、そう話すこの女性の名はアフトン・バートンさんである。獄中結婚する予定であるという。

経歴[編集]

祖父母の手で育てられるが、その後は親戚を転々として孤児院に入れられる。その後孤児院を脱走してようやく母に再会するが見放される。このような複雑な出自のため社会に適応できず、9歳の時犯罪に手を染めて以降1967年に釈放されるまでに人生の大半を刑務所で過ごした。

出所後は、家出した少女を集めて「ファミリー」として集団生活を始める。彼自身の風貌が当時の流行だったヒッピーと重なったこともあり、LSDを用いて少女達を洗脳し男性を誘惑させ信者にさせた。マンソンは『聖書』を独自に解釈し、女性は罪人であると信じ込んでいた。数件の残忍な殺人事件を計画し、ファミリーのメンバーに実行を命じた。マンソンを象徴する有名な事件として、1969年8月9日ロマン・ポランスキーの妻で当時妊娠8ヶ月だった女優のシャロン・テートら5人の無差別殺害がある。

マンソンは自ら殺害を実行することはなく、テート・ラ・ビアンカ殺害事件に関しても実行犯は3人の女性信者で全員が終身刑となり現在も服役中であるが、たびたび仮釈放申請が出され、そのたびにマスコミの関心を集めている。マンソン自身にも1971年4月19日死刑判決が下された。しかし続く1972年2月にカリフォルニア州では死刑制度が一時的に廃止されたため、これは自動的に終身刑に減刑された。後年同州の死刑制度は復活したが、マンソンには影響が及ばず、現在もカリフォルニア州刑務所で服役している。

2007年仮釈放に通算11回目の申請を行ったが、「依然として他者に理不尽な危険を及ぼしており、接触する人間に危害を加える恐れがある」として却下された。また、2012年には通算12回目の仮釈放の申請を行ったが却下されている。次回の申請は15年後の2027年である。

サブカルチャーとの関連[編集]

マンソンの裁判と有罪判決以来、マンソンの名とそのイメージはアメリカン・ポップ・カルチャーにおける汚点として広く知れ渡った。そのイメージは多くの音楽家や芸術家によって用いられ、マリリン・マンソンは悪のシンボルとしてその名を用いた。

成功することはなかったがマンソン自身は音楽家であり、いくつもの歌を作っている。殺人事件が明るみに出る以前、彼はザ・ビーチ・ボーイズデニス・ウィルソンを始めとする著名な音楽家と友人関係にあった。マンソンによれば、ビートルズの楽曲『ヘルター・スケルター』は、マンソンの画策した同名の黙示、人種間の戦争(Race war)、殺人を引き起こすことを想定した曲であるという(Helter Skelter、原義は「螺旋状の滑り台」)。彼に関連するロックと、大衆文化による悪名を得た当初から、マンソンは狂気、暴力、そして恐怖の象徴となった。最終的に、この単語はマンソン裁判の担当検事で、後に作家となったヴィンセント・バグリオーシVincent Bugliosi)が書いたマンソンの殺人についての著書『ヘルター・スケルター(Helter Skelter (book))』の題名に使われた。これは1976年に『ヘルター・スケルター』(Helter Skelter)としてテレビ映画化され、スティーヴ・レイルズバックがマンソンを演じている。。

備考[編集]

アルバム[編集]

  1. LIE (1967年)
いくつかの楽曲は、後に様々なアーティストによりカバーされる。
2006年5月に再発。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Linder, Doug. The Charles Manson (Tate-LaBianca Murder) Trial. UMKC Law. 2002. Retrieved April 7, 2007.
  2. ^ Bugliosi, Vincent with Gentry, Curt. Helter Skelter — The True Story of the Manson Murders 25th Anniversary Edition, W.W. Norton & Company, 1994. ISBN 0-393-08700-X. Pages 163–4, 313.
  3. ^ Journal of the American Society of Psychosomatic Dentistry and Medicine, 1970. 17(3):99–106”. Smith, David E. and Rose, Alan J., "A Case Study of the Charles Manson Group Marriage Commune". 2007年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月11日閲覧。
  4. ^ Prosecution's closing argument Page 1 of multi-page transcript, 2violent.com. Retrieved April 16, 2007.
  5. ^ Prosecution’s closing argument Page 37 of multi-page transcript, 2violent.com. Retrieved March 28, 2009.
  6. ^ History of California's Death Penalty deathpenalty.org. Retrieved March 28, 2009.
  7. ^ http://www.myfonts.com/fonts/emigre/mason/
  8. ^ http://www.latimes.com/news/obituaries/la-me-susan-atkins26-2009sep26,0,4180642.story
  9. ^ http://10e.org/mt2/archives/200911/250337.php

関連項目[編集]

外部リンク[編集]