ネーション・オブ・イスラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Noi flag 2.svg

ネーション・オブ・イスラム (Nation of Islam, NOI) は、アメリカ合衆国におけるアフリカ系アメリカ人イスラム運動組織。後述するように伝統的なイスラム教の教義を大きく否定しているため、イスラム教の一派というよりも、イスラム教から派生した新宗教と見なされている。

ブラック・ムスリム・ムーヴメント (Black Muslim Movement) とも呼ばれ、世界恐慌中の1930年デトロイトマフディ救世主)を名乗ったウォーレス・ファードアフガニスタン出身とされている)によって創始された。黒人の経済的自立を目指す社会運動であり、白人社会への同化を拒否し、黒人の民族的優越を説く宗教運動でもある。

ファードは聖書を否定し、アフリカ系アメリカ人の神はただアッラーフのみであり、奴隷化される以前の宗教キリスト教ではなくイスラム教であったのだと説き、白人に対する民族 (nation) としての黒人のアイデンティティを主張した。彼は1934年に謎の失踪を遂げるが、その創立したテンプル・オブ・イスラムと呼ばれる教団はイライジャ・ムハンマドが後継し、発展していった。

イライジャ・ムハンマドの布教によって全米に広がった NOI は、第二次世界大戦後に入信したマルコムX の活躍で大発展を遂げる。イライジャの思想の宣伝活動者となったマルコムは、黒人の貧困救済を唱えて北部の都市部で苦しむ黒人たちの間に勢力を広げる一方、白人を悪魔と呼んで激しく批判した。このため、NOI は Black Muslims と呼ばれ、公民権運動によって権利向上を目指していた黒人を含め、アメリカ社会全体から過激派や分離主義者と見られることが多かった。そこには白人優勢のメディアが大きな影響を与えていたと考えられる。

1960年代に入るとマルコムX とイライジャ・ムハンマドの関係が悪化し、マルコムは教団を追放されて伝統的イスラム教に回帰(当のマルコムX は1965年当教団の暗殺指令を受けた信者により銃殺されている)。イライジャも1975年に死去し、後を継いだ息子のワリス・ディーン・ムハンマドは、父の残した教義から伝統的なスンナ派イスラムの教義と齟齬のある部分を排除し、黒人分離主義的な運動をやめて合衆国への忠誠を説き始め、教団名も "American Muslim Mission" (アメリカ・ムスリム伝道団)、後に"American Society of Muslims"(アメリカ・ムスリム協会)に改めたが、彼が引退した2003年に組織は解散している。

一方で、組織の急激な穏健化に不満を抱いたルイス・ファラカーンを中心とする人々は分派を結成。ファラカーンはイライジャの思想を継承し、黒人の社会運動と社会に対する過激な発言や行動を続けている。現在、NOI と呼ばれている組織はファラカーン派が発展したもので、1995年にはワシントンD.C.で大デモ活動「百万人大行進」 (Million Man March) を行って健在を示した。ファラカーンは2012年現在も組織を率いている。

教義[編集]

伝統的なイスラム教を信じる世界の多くのムスリムは、独特の教義を持つ NOI の信徒をムスリムであると認めないことが多い。

以下の点では、NOI は伝統的イスラム教と一致する。

しかし、以下のような大きな相違点がある。

  • 黒人至上主義
    • 伝統的イスラム教は、全ての人間は神によって創造されたアダムイブの子孫であり、人種は平等であると説く。
    • NOI は、アダムとイブが創造される前に神によって黒人が創造されたと説く。
  • 預言者・使徒
    • 伝統的イスラム教は、ムハンマドが最後にして最大の預言者かつ使徒であるとし、以降の世界に預言者はもちろん使徒も現れないと説く。
    • NOI は、ムハンマドが最後の預言者であるが、イライジャ・ムハンマドは使徒であると説く。
  • マフディ
    • シーア派の多くは、千年近くガイバにあり(隠れており)、最後の審判の際にイーサーと前後して再臨する最終代のイマームこそがマフディであると説く。
    • NOIは、1930年代に現れたウォーレス・ファードこそがマフディであると説く。

文献[編集]

荒このみ訳「マルコムX事典」雄松堂出版 ISBN 978-4-8419-0500-7

外部リンク[編集]