ラーマクリシュナ・ミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラーマクリシュナ・ミッション(The Ramakrishna Mission,ベンガル語:রামকৃষ্ণ মিশন)は、宗教指導者であるヴィヴェーカーナンダを始めとするラーマクリシュナの主要な弟子らによって1897年5月1日に設立された協会。

僧と世帯主弟子の合同による努力により、伝道と慈善活動を行い続けている。コルカタ郊外のベールールに本部を置くこの協会は、ラーマクリシュナ僧院と密接な関係にある。ラーマクリシュナ・ミッションは、ヒンドゥー教のコンセプトとしてのカルマ・ヨーガ、つまり見返りを要求しない無償かつ無私の奉仕精神を掲げている。

管理[編集]

ラーマクリシュナ・ミッションは、1909年に法的な認可を受けており、その管理は既定の理事会による。ラーマクリシュナ僧院と密接な関係にあり、僧院の理事は同時に理事会のメンバーでもある。ミッションの管理業務の大部分は、僧院の僧によるものである。ミッションは、独立した資金を持つため詳細な帳簿を保管しており、公認会計士により毎年の監査を受けている。ミッション・僧院ともに、ベールール僧院に本部を置いている。

僧院とミッション[編集]

厳密に言えば、ラーマクリシュナ僧院は僧の集団であり、ラーマクリシュナ・ミッションは災害救助であるとか、学校や慈善病院の運営事業などの活動を行う組織である。しかし、人道的活動の方が僧の集団よりも有名であり、なおかつ僧団の僧が多くの人道的活動を行うため、両方の機関をまとめて「ラーマクリシュナ・ミッション」と呼ぶことが一般的である。なお、幾つかの機関に付されたラーマクリシュナ或いはヴィヴェーカーナンダの名称は、必ずしもラーマクリシュナ僧院或いはラーマクリシュナ・ミッションのブランチを意味するものではない。

歴代ミッション長[編集]

日本での活動[編集]

ラーマクリシュナ・ミッション日本支部として「日本ヴェーダーンタ協会」が活動している。田中嫺玉の翻訳を元にした『シュリーマッド・バガヴァッド・ギーター』を用いる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

英文
日本語