火炎崇拝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

火炎崇拝(かえんすうはい)とは、神格化して崇拝の対象(火神)とすること、あるいは火を神聖視し、または象徴と見て宗教儀式に用いることなどをいう。

起源[編集]

これらは世界のいろいろな宗教に広く見られ、次のような火の属性に基づくものと見られる。

  • 人間の日常生活に必要不可欠であるが、その一方で人間を死にも至らしめる恐ろしい存在である。
  • 不浄なものを焼き尽くし清浄にする。
  • を照らしまたは智恵の象徴とされるの源である。
  • 常に上に燃え上がり、あるいは燃やしたものをとして立ち上らせる。

火を神格化した火神は、主神とされた例は多くないが、太陽神火山の神と同一視された例は多い。またローマのウェスタや日本の竈神荒神三宝荒神と習合された)のような家庭の守り神、あるいは鍛冶神などと見られた例も多い。

アーリア人の拝火[編集]

「火炎崇拝」あるいは「拝火」という言葉はまずゾロアスター教(通称・拝火教)と結び付けて考えられるが、ゾロアスター教は火自体を崇拝したわけではない。ゾロアスター教における火とは、清浄・正義・真理の象徴であると考えられている。火を神聖視するこの信仰はゾロアスター教以前に遡る。

ヴェーダ宗教では火神アグニが人間と神々を仲介し、火により人間の供物と祈りが天上にもたらされると考えられた。この思想はヒンドゥー教にも伝えられ、さらに仏教大乗仏教密教)にも取り込まれて護摩の儀式となった。なお、アグニは文字通り「火」の意味と考えられ、ラテン語やスラヴ語にも同系の語がある。

アーリア人の火炎崇拝の源流としては、考古学的には紀元前1500年頃のフョードロヴォ文化(アンドロノヴォ文化の一環)に火葬と火炎崇拝の痕跡が見出されている。火葬はヒンドゥー教では一般的となったが、ゾロアスター教では神聖な火を汚すことは禁じられたため、火葬は行われなかった。

聖書での象徴化[編集]

ユダヤ教では神ヤハウェはしばしば火のイメージで語られた(出エジプト記の燃え盛る柴や、ヘブライ人を導く火の柱など)。キリスト教でも聖霊が「炎のような舌」(使徒行伝)に例えられている。

火神の例[編集]

関連項目[編集]