アージーヴィカ教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アージーヴィカ教(アージーヴィカきょう)は、古代インド宗教の一つである。マウリヤ朝アショーカ王の碑文に仏教バラモン教ジャイナ教と並んで「アージーヴィカ」の名前が出ている。仏教やジャイナ教と同時期に生まれた宗教である。一時期はバラモン教やジャイナ教、仏教などと並ぶ一大宗教であった。

マッカリ・ゴーサーラが主張した「運命がすべてを決定している」という運命決定論、運命論宿命論を奉じていた。さらに意志に基づく行為や、修行による解脱をも否定した。エローラにあるローマス・リシ窟(前3世紀の石窟寺院)はアージーヴィカ教徒のためのものであったらしい。

南インドにおいて13世紀までアージヴィカ教の信徒がいたことが、碑文によって実証されているが、その後全く姿を消し現在信徒はいない。


関連項目[編集]