ヤズィーディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤズィーディーYazidi、ヤジーディー、ヤズィード、ヤジディ)は、中東イラク北部などに住むクルド人の間で信じられている民族宗教Mishefa ReşKitêba Cilweといった独自の聖典を持つ。ミスラ信仰等のイスラーム化する以前の諸宗教の系譜を引く、クルド人の宗教と言われるが、元来山岳部が信仰の中心ということもあり、未だ明らかにされていない部分も多い。イラクの他に、周辺のシリア、ロシア、アルメニア等にも見られる。イスラム教、キリスト教ゾロアスター教の影響を受けており、七大天使、就中、孔雀天使マラク・ターウースを信じる。歴史的に見ればスーフィズムの影響から始まったように見られるが、輪廻転生を教義の根幹に持つなど、イスラムの教義体系からは逸脱が目立つ。そのため、多数派のムスリム(イスラム教徒)から邪教扱いされている。啓典の民から除外されるのでコーランか剣かの対象となる。近年、イラクの治安悪化と長年の迫害から、ドイツ等欧州諸国へ大規模に移住している。


他宗教との対立[編集]

教徒の居住区はイラク北部に広がり、周辺の宗教勢力、武装勢力との対抗上、比較的アメリカ寄り立場を取るため、しばしばイスラム系武装勢力の攻撃対象となる。

  • 2007年8月14日: ニーナワー県のヤジディー教徒が多く住む二つの村で同時自爆攻撃が発生。死者は400人以上。当時、イラク駐留していたアメリカ軍は、アルカイーダによる自爆テロとの見解を表明。後日、同年9月3日に行った空爆で、自爆テロを計画、指揮した首謀者を殺害したと発表した[1]
  • 2014年8月8日: イラク政府及びクルド人自治区に激しい攻撃を加えていたイラクとシャームのイスラーム国に対し、アメリカ軍が限定的な空爆を実施。併せてイスラーム国の攻撃により、イラク北部のシンジャルの山地へ避難していたヤジディー教徒に対しても支援物資の空輸が行われた[2]

出典[編集]