ヌーリスターン人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌーリスターン人
Girl in a Kabul orphanage, 01-07-2002.jpg
総人口

約125,000~300,000人

居住地域
アフガニスタンの旗 アフガニスタンヌーリスターン州
パキスタンの旗 パキスタン北西辺境州チトラル県英語版
言語
ペルシア語系のヌーリスターン語派
宗教
イスラム教スンニ派
関連する民族

 カラシュ人

ヌーリスターン人(ヌーリスターンじん、Nuristani)は、中央アジア南アジアアフガニスタンを中心に居住する民族である。ヌーリスタン人やヌリスタニ人とも呼ばれる。

アフガニスタン北東部のヌーリスターン州に住み、一部はパキスタンの北西辺境州チトラル地区にも住む。金髪、紺碧目で色白という北ヨーロッパ人と同じような外見を持ち、特に子ども時代はその傾向が強い。そのため、一説には当時この地を通った、ギリシャアレキサンダー大王の軍隊の末裔であるという説もある。言語はインド・イラン語族ヌーリスターン語派であるが、第二言語としてダリー語ペルシャ語パシュトー語も話す。

関連項目[編集]