ロル族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロル族LorまたはLur)は、イラン南部に居住する遊牧民

言語[編集]

クルド語に似たイラン系方言であるロル語を介する。

歴史[編集]

サファヴィー朝での有力な政治集団を形成していたロル族は1155年ホルシーディー朝英語版をつくり、小ロル(Lur-e-Kuchik)を支配した。その後、デズ川英語版を境にして内部分裂を起こし、川北の小ロル(Lur-e-Kuchik、バフティヤーリー族Bakhtiari)、川南の大ロル(Lur-e-Bozourg、クーフギールーエ族、Kuhgiluyeh、enfa)に分かれた。19世紀後半には小ロルがカビール山脈英語版キャルハ川英語版を挟んでさらに東西に分裂した。今日、一般にロル族を指す場合、カビール山脈東部のピーシュクーフ地域英語版に居住する遊牧民を指す言葉となっている。

文化[編集]

クルド人社会同様女系文化を育んでおり、長老制をとっている。

宗教[編集]

シーア派イスラム教徒が大多数を占めるが、ゾロアスター教ミトラ教などを信仰する集団も存在する。

関連項目[編集]