カラシュ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラシュ人
Kalasha women.jpg
総人口

約3,000人

居住地域
パキスタンの旗 パキスタン北西辺境州チトラル地区
言語
ペルシア語系のカラシュ語
宗教
多神教
関連する民族

 ヌーリスターン人

カラシュ人(カラシュじん、Kalash)は、南アジアパキスタンを中心に居住する民族である。

パキスタンの北西辺境州チトラル地区に住む。特に幼少期は金髪、紺碧目で色白という北ヨーロッパ人を思わせる外見をもつ者もいる。そのため、アフガニスタンヌーリスターン人と同じく、ギリシャアレキサンダー大王の軍隊の子孫という説もある。ヌーリスターン人との違いはイスラム教を信仰せず独自の地域宗教を持つ点にある。言語はインド・イラン語派ダルド語群カラシュ語を話す他、第二言語としてウルドゥー語パシュトー語も話す。

カラシュ人の少女

関連項目[編集]

India 78.40398E 20.74980N.jpg この「カラシュ人」は、南アジアに関連した書きかけ項目です。
記事を加筆・訂正
してくださる協力者を求めていますPortal:アジア / ウィキプロジェクト 南アジア