シルバメソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シルバメソッドは、ホセ・シルバ(José Silva)によって開発された、脳機能を改善することで個人のIQや幸福感を高める効果がある[1][2]自助グループプログラム[1][2]である。 プログラムの支持者は、個人のセルフイメージを改善し、よりはっきりした態度で物事を考えることができ、ニコチン中毒などの状況を克服することを補助すると信じている。[1][2]

著名なSF作家アーサー・C・クラークと、元ステージマジシャンジェームズ・ランディによれば、シルバメソッドは、ポジティブシンキング視覚化した瞑想自己催眠(Self-hypnosis)を摘要し構成されている。[2] シルバ本人を含む人たちは、シルバメソッドを、超能力のような科学的に知ることの出来ない能力を開発するために使用され、高い意識を引き出すことができると信じている。[1][2] それについて、疑似科学であると批判がある[1]

シルバメソッドは、Human Potential Movementとグループ分けされる治療法のひとつである。

歴史[編集]

シルバは、商業的に開始する1960年代より前の、1940年代から、以前シルバ・マインドコントロールとして知られていたメソッドを開発しはじめた。[1][2]

プログラムは、世界人口における90%の人の行動は左脳に支配され、それが人々の行動を論理的、知的、客観的な問題解決のみに限定してしまうと言う、シルバの信念から開発された。シルバは、左脳と同じように右脳を使って考えるように訓練することで、潜在意識レベルにある情報にアクセスできるようになると信じていた。[1][2]批評家のロバート・キャロルは、シルバメソッドはロジャー・スペリーの著書を基にしているようだが、不正確なモデルを作るために自分で捻じ曲げて開発されている[1]としている。

テクニック[編集]

シルバメソッドのテクニックは、アルファ波と呼ばれる周波数8から13ヘルツの精神機能の高い状態に達し、継続することを目指している。

創立者のホセ・シルバは、高い意識の脳の状態に入るために訓練するプログラムとして開発したと述べた。

1953年、シルバは、自分の娘を訓練して超能力者にしたと信じ、娘を証拠として超心理学ジョゼフ・バンクス・ラインに、シルバのトレーニングメソッドを紹介した。 その後10年で、シルバは、超能力者にするために39人の被験者を訓練したとしている。

シルバメソッドは、世界の多数の国で生徒グループに数日間、メソッドのシステムを教える数千人のシルバメソッド・インストラクターを持つ、現在数百万ドルのビジネスである。

政府の文書でシルバメソッドがカルトとされた例[編集]

1995年フランス国民議会委員会報告書[編集]

シルバメソッドは、1995年のフランス議会の委員会報告書によって、創価学会サイエントロジーなどの新興宗教や、ランドマーク・エデュケーションアバターコースなど自己啓発セミナーと並んでカルト(セクト)としてリストに掲載された。

1999年フランス国民議会委員会報告書[編集]

1999年のフランス国民議会カルトの財務、所有物、収益、同様にそれらの経済活動、経済・金融の関わりに関する公聴委員会報告[3]は、カルトと金銭に関するフランス議会報告で、委員会が30数団体に注意を集中させ調査した。報告書のPART II: カルトの影響: 否定できない経済的、財政的重み[4]において、"職業訓練市場で最も活動的なカルト[5]"として、サイエントロジーランドマーク・エデュケーションアバターコース、Au Coeur de la Communication、シルバメソッド、Insight Seminarsが紹介、報告された。シルバメソッドの概要、料金、考え方、子供向けのセミナーがあることが記述されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Carroll, Robert Todd (2003) "The Skeptic's Dictionary", Wiley, ISBN 0471272426
  2. ^ a b c d e f g Randi, James (1995)"An Encyclopedia of Claims, Frauds, and Hoaxes of the Occult and Supernatural", St. Martin's Griffin, ISBN 0312151195
  3. ^ フランス国民議会 (1999年6月10日). “Les sectes et l'argent {カルトとお金}” (フランス語). フランス共和国. 2009年4月20日閲覧。 “enquête sur la situation financière, patrimoniale et fiscale des sectes, ainsi que sur leurs activités économiques et leurs relations avec les milieux économiques et financiers[(和訳)カルトの財務、所有物、収益、同様にそれらの経済活動、経済・金融の関わりに関する公聴]”
  4. ^ 正確には、DEUXIÈME PARTIE : L'INFLUENCE DES SECTES : UN INDÉNIABLE POIDS ÉCONOMIQUE ET FINANCIER(PART II: カルトの影響: 否定できない経済的、財政的重み)以下、I. 深刻な経済的影響(I.- UNE INFLUENCE ÉCONOMIQUE INQUIÉTANTE) D. 職業訓練の市場(D.- le marché de la formation professionnelle ) 1. カルト活動開発のための契約 (1.- Un marché propice au développement des pratiques sectaires)
  5. ^ Les sectes les plus actives sur le marché de la formation professionnelle

参照[編集]

外部リンク[編集]