アバターコース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アバターコースアバターは、ハリー・パルマーによって開発され、ハリー・パルマーが創設し所有するスターズ・エッジ社自己開発プログラムである。 アバターコースは世界72カ国で教えられ22カ国語に翻訳されている。2013年11月現在、世界中に25,000人を超えるアバターマスターがおり、10万人以上の人がアバターコースを修了している。

概要[編集]

アバターコースは1986年にハリー・パルマーによって創り出され、人は自分が信じていることを経験するという考えを前提としている。 アバターコースでは、信念(思いや考え)を自らの意志で創造または消滅させる方法を教えている。 世の中で提供されているものの中で、最もパワフルで純粋な自己開発プログラムと言われている。 アバターはさまざまな経験的エクササイズで構成されており、それらのエクササイズを通じて自分自身を再発見し、自分の意識を自分が達成したいことと一致させることができるようになる。 他人からあなたが何を信じるべきだとか、あなたとは何者かを教えられることはなく、自分について自分で発見していく。

各セクションと日数[編集]

アバターコース(約¥34,5000)
  • 第1部 リサーフェシング・ワークショップ(2日間)
  • 第2部 練習(4〜5日間)
  • 第3部 ランダウン(2〜4日間)
アバター・マスターコース
  • 第4部(a) 目覚め(9日間)
  • 第4部(b) プロフェッショナルコース 目覚めを超えて(7日間)
アバター・ウィザードコース(約¥750,000)
  • 第5部 超感覚的能力(13日間)
  • 各コースとも、宿泊費&食費別途個人負担。

コースの開催地[編集]

9日間のアバターコース(1部〜3部)に関しては、年に7回、日本国内で6回と国外(米国)で1回開催されている。国内の開催地は時期によって異なるが、主に首都圏神奈川県)、関西大阪府京都府)で開催され、豊橋(愛知県)や白浜(和歌山県)、那覇(沖縄県)で開催されることもある。また、国外では、毎年7月に米国フロリダ州オーランドにて、日本人も参加できるインターナショナル・アバターコースもスケジュールされている。

上級コース(4〜5部)に関しては、主に米国フロリダ州のオーランドにて開催される。

慈しみプロジェクト[編集]

慈しみプロジェクトは、「慈しみカード」を渡すことで、世界に慈しみの気持ちを増やすことを目指している。 世界中の300万人以上の人達に既に渡っており、カードにはアバターコースで行う実習の一つ「慈しみ練習」が記述されている。

アバター・ミニコース[編集]

アバターコースの無料コースとして、いくつかのセッションを体験するアバター・ミニコースがある。スターズエッジ社は、経験的なエクササイズで自己が創る意識や物理的宇宙のすばらしさを経験するとしている。

外部リンク[編集]