エリオット・リチャードソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリオット・リチャードソン
Elliot Richardson
ElliotLeeRichardson.jpg
生年月日 1920年7月20日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン
没年月日 1999年12月31日(79歳)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン
出身校 ハーバード大学
称号 パープルハート章

任期 1976年2月2日 - 1977年1月20日
元首 ジェラルド・フォード

任期 1973年5月25日 - 1973年10月20日
元首 リチャード・ニクソン

任期 1973年1月30日 - 1973年5月24日
元首 リチャード・ニクソン

任期 1970年6月24日 - 1973年1月29日
元首 リチャード・ニクソン

任期 1969年1月23日 - 1970年6月23日
元首 リチャード・ニクソン
テンプレートを表示

エリオット・リー・リチャードソン英語: Elliot Lee Richardson, 1920年7月20日 - 1999年12月31日)は、リチャード・ニクソン大統領の閣僚だった、アメリカ弁護士および政治家ウォーターゲート事件への関与を回避し、ニクソン政権下で1970年から1973年まで保健教育福祉長官、1973年1月から5月まで国防長官、1973年5月24日から10月まで司法長官を務め、その後フォード政権下で商務長官を務めた。アメリカ史上4つの閣僚ポストを歴任した唯一の人物である。

生涯[編集]

マサチューセッツ州ボストン市で生まれた。ハーバード大学在学中「ハーバード・ロー・レビュー」編集長を務める。卒業後1941年から1945年まで第2次世界大戦を米陸軍で勤務、1947年にハーバード法律大学院から法学位を得、連邦最高裁のラーニド・ハンド、フェリックス・フランクフルター両判事のロークラークを務めた。その後ボストンの連邦検事、マサチューセッツ州検事正マサチューセッツ州副知事国務次官、前述の四つの閣僚ポスト(米国史上彼だけである)、駐英大使、海洋法会議米国代表を歴任。

1973年10月にニクソンは、ウォーターゲート事件特別検察官アーチボルド・コックスを解任するようにリチャードソン司法長官に命じたが、リチャードソンはこの命令を拒絶し辞職した。その後ウィリアム・D・ラッケルズハウス司法副長官が命令を行なうように依頼されたが、彼も同様に拒絶し辞職した。結局命令は訟務長官ロバート・ボークが実行した。この一件は土曜日の夜の虐殺と呼ばれる。

ちょうど副大統領スピロー・アグニューが辞職に迫られた最中でもあり、1973年10月8日付けのタイム誌表紙では、アグニューやニクソンと並んでリチャードソンが登場した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
フランシス・ベロッティ
マサチューセッツ州副知事
1965年 - 1967年
次代:
フランシス・サージェント
先代:
ニコラス・カッツェンバック
アメリカ合衆国国務次官
1969年1月23日 - 1970年6月23日
次代:
ジョン・ニコル・アーウィン
先代:
ロバート・ハチソン・フィンチ
アメリカ合衆国保健教育福祉長官
1970年6月24日 - 1973年1月29日
次代:
キャスパー・ワインバーガー
先代:
メルビン・ライアード
アメリカ合衆国国防長官
1973年1月30日 - 1973年5月24日
次代:
ジェームズ・R・シュレシンジャー
先代:
ロジャーズ・モートン
アメリカ合衆国商務長官
1976年2月2日 - 1977年1月20日
次代:
ジュアニッタ・M・クレップス
司法職
先代:
エドワード・ブルック
マサチューセッツ州検事正
1967年 - 1969年
次代:
ロバート・クイン
先代:
リチャード・クラインディースト
アメリカ合衆国司法長官
1973年5月25日 - 1973年10月20日
次代:
ロバート・ボーク
代理
外交職
先代:
ウォルター・アネンバーグ
在イギリスアメリカ合衆国特命全権大使
1975年3月21日 - 1976年1月16日
次代:
アン・ルジャンドル・アームストロング