ハリー・ホプキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリー・ホプキンス

ハリー・ロイド・ホプキンス(Harry Lloyd Hopkins、1890年8月17日-1946年1月29日)は、フランクリン・ルーズベルト大統領の側近で、商務長官(1938-1940年)を務めた。ニューディール政策においては、公共事業促進局を拠点に失業者の救済プログラムの作成を行った。また第二次世界大戦中は、ルーズベルトの外交顧問としてレンドリース法の策定に重要な役割を担った人物である。

略歴[編集]

アイオワ州生まれ。1912年、グリンネル・カレッジ(Grinnell College)卒業。ニューヨーク市の児童福祉局、アメリカ赤十字、ニューヨーク貧困状態改善協会(the New York Association for Improving the Condition of the Poor: AICP)や結核協会(the New York Tuberculosis Association)などで社会福祉・公衆衛生政策の策定や運営に携わる。

1930年代に入り、緊急救済局(TERA)での働きが、当時ニューヨーク州知事を務めていたルーズベルトの目に留まり、ルーズベルトとの親交が深め、彼の側近としての地位を築いていった。ルーズベルトの大統領就任とともに、ワシントンD.C.政界入りし、連邦緊急救済局や公共事業促進局の長官として失業者対策を中心にニューディール政策の実施に尽力した。1938年から1940年まで商務長官を務めた。

第二次世界大戦が勃発すると、ホプキンスは、ルーズベルトの非公式な特使として、カイロ会談テヘラン会談ヤルタ会談に同行し、チャーチルスターリン連合国首脳との調整役として活躍した。なお大戦中、ソビエト連邦要人と頻繁に接触していたため、ホプキンスにはソ連のスパイではなかったのかという疑惑が浮上し、その真偽に関して論争がある[1]

1946年1月29日、ニューヨーク市で胃癌のため死去。

[編集]

  1. ^ クリストファー・アンドルー, オレク・ゴルジエフスキー『KGBの内幕: レーニンからゴルバチョフまでの対外工作の歴史』福島正光訳、文藝春秋、1993年、上巻、pp.413-418。Herbert Romerstein and Eric Breindel, The Venona Secrets: Exposing Soviet Espionage and America's Traitors, Regnery, 2001, pp. 213–215. Verne W. Newton, "A Soviet Agent? Harry Hopkins?" New York Times, October 28, 1990.

関連項目[編集]

先代:
ダイニエル・C・ローパー
アメリカ合衆国商務長官
1938年12月24日 - 1940年9月19日
次代:
ジェシー・H・ジョーンズ