マイケル・オーカーランド・レヴィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・オーカーランド・レヴィット

マイケル・オーカーランド・レヴィットMichael Okerlund Leavitt, 1951年2月11日 - )は、アメリカ合衆国政治家共和党に所属し、第14代ユタ州知事、第10代アメリカ合衆国環境保護庁長官、第8代アメリカ合衆国保健福祉長官を務めた。

生い立ち[編集]

マイケル・オーカーランド・レヴィットは1951年2月11日にユタ州シーダーシティにおいて誕生した。レヴィットは1973年に南ユタ大学を卒業し、経済学の学士号を取得した。

ユタ州知事[編集]

1992年、レヴィットはユタ州知事に選出された。レヴィットは2002年まで11年連続でユタ州知事を務めた。レヴィットは1996年の州知事選挙において、圧倒的大差で再選した。レヴィットは2000年の州知事選挙でも勝利し、ユタ州史上2人目の3選知事となった。レヴィットは地域会議や全国会議においてリーダーシップをとり、1996年の州知事評議会では議長を務めた。

ウェスタン・ガバナーズ大学[編集]

レヴィットはコロラド州知事ロイ・ローマーと提携し、ウェスタン・ガバナーズ大学の創設を主導した。ウェスタン・ガバナーズ大学の創設に際してはレヴィットとローマーを含む19州の知事が関与し、非営利的な私立大学として創設する立法に署名を行った。ウェスタン・ガバナーズ大学はアメリカ史上初の完全オンライン授業の大学として発足した。

環境保護庁長官[編集]

環境保護庁長官への就任宣誓を行うレヴィット

2003年8月11日、ジョージ・W・ブッシュはコロラド州オーロラでの記者会見において、レヴィットの環境保護庁長官起用を発表した。上院での承認投票は2003年10月28日に実施され、賛成88票、反対8票で承認された。2003年11月5日、レヴィットはユタ州知事を辞任し、第10代環境保護庁長官への就任宣誓を行った。

保健福祉長官[編集]

保健福祉長官への就任宣誓を行うレヴィット

2004年12月13日、レヴィットはブッシュ大統領から保健福祉長官として指名を受けた。レヴィットは2005年1月26日に、上院の発声投票で承認を受けた。

レヴィットはアメリカの安全に関する最大の脅威としてトリインフルエンザを指摘した。レヴィットは世界保健機関マイケル・マッコイ博士の研究を引用し、トリインフルエンザは科学的研究を要する最大の懸案事項であると述べた。

レヴィットは保健福祉長官として、国土安全保障諮問評議会にも参加した。

選挙結果[編集]

1992年ユタ州知事選挙[編集]

候補者名 所属政党 得票数 得票率
マイケル・レヴィット 共和党 320,015 42 %
メリル・クック 無所属 254,960 34 %
スチュワート・ハンソン 民主党 176,404 23 %

1996年ユタ州知事選挙[編集]

候補者名 所属政党 得票数 得票率
マイケル・レヴィット 共和党 500,293 75 %
ジム・ブラッドリー 民主党 155,294 23 %

2000年ユタ州知事選挙[1][編集]

候補者名 所属政党 得票数 得票率
マイケル・レヴィット 共和党 422,357 56 %
ビル・オートン 民主党 320.186 42 %
ジェレミー・フリードボーム 独立アメリカ党 14,914 2 %
ダブ・リチャーズ 自然法党 0 0 %

注釈[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ノーマン・ハワード・バンガーター
ユタ州知事
1993年1月4日 - 2003年11月5日
次代:
オーリン・スミス・ウォーカー
先代:
トム・カーパー
全米知事協会会長
1999年 - 2000年
次代:
パリス・グレンデニング
先代:
マリアン・ラマント・ホリンコ
代理
アメリカ合衆国環境保護庁長官
2003年11月6日 - 2005年1月26日
次代:
スティーヴン・ジョンソン
先代:
トミー・ジョージ・トンプソン
アメリカ合衆国保健福祉長官
2005年1月26日 - 2009年1月20日
次代:
キャスリーン・セベリウス