ハーバート・ブラウン・モー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Herbert B. Maw.jpg

ハーバート・ブラウン・モー(Herbert Brown Maw, 1893年3月11日 - 1990年11月17日)は、アメリカ合衆国政治家民主党に所属し、1941年から1949年まで第8代ユタ州知事を務めた。モルモン教の敬虔な信者であり、州知事を退いた後は伝道部会長を務めた。

生い立ち[編集]

モーはユタ州オグデンにおいて誕生した。モーは7歳のときに家族とソルトレイクシティへ移り住んだ。モーはLDS高校で青年期を過ごした[1]

教育[編集]

モーはユタ大学法学士号および理学士号を取得し、続いてノースウェスタン大学1926年に修士号を、1927年法務博士号を取得した[2]

軍事[編集]

第二次世界大戦中、モーは航空部隊に所属し、テキサス州のケリー空軍基地においてパイロットとして訓練を受けた[3]

モーは実戦配備に先立って中尉の地位を与えられ、モルモン教の従軍牧師として働いた。モーはその後、カンザス州のキャンプ・ファンストンで第89師団に配属された。モーはヨーロッパに派遣され、ドイツ占領軍として終戦まで過ごした[4]。第一次世界大戦中、アメリカ軍にはモルモン教の従軍牧師が3人のみ所属し、モーはそのうちの1人であった[5]

教職[編集]

モーは1916年から1917年まで、および1919年から1923年まで、LDSビジネスカレッジで教職に就いた。モーは1927年から1940年までユタ大学の音声学教授を務めた。モーは1928年から1936年までユタ大学の男子学生部長を務めた[6][7]。モーはユタ大学の発展および将来設計に影響を与えた[8]

政治[編集]

モーは1928年にユタ州上院議員に選出され、1938年まで務めた[9][10]。モーは1934年から1938年までユタ州上院議長を務めた。モーは民主党において、1934年に連邦上院議員候補、1936年ユタ州知事候補に挙げられたが、ともに指名獲得を失敗した。敗北の一因に、労働者の救済対策を強く支持したことが挙げられる[11]1940年、モーは民主党のユタ州知事候補に挙げられ、指名を獲得した。直接予備選挙を強く要求し、実施を勝ち取ったことが大きな勝因であった[12]

モーは1940年のユタ州知事選挙で共和党候補ドン・バイロン・コルトンを下し、勝利を収めた[13]。モーは州知事として、公共料金の値下げや、州内での鉱石抽出の規制を断行した[14]

1944年、モーは共和党のジョセフ・ブラッケン・リーを僅差で破り、再選を果たした。この選挙は、ユタ州史上最大級の接戦であった[15]1948年、モーはリーと再戦し、3選を逃した[16]。この選挙においてモーは、ユタ州における飲酒の自由化に首尾一貫して反対した[17]

信仰[編集]

モーはモルモン教会において多くの要職に就いた。モーはソルトレイクシティシカゴで日曜学校の教師を務めた。またモーは青少年組織YMMIAの教師および同組織の支部会長および地方部長も務めた。モーは1928年から1929年までリバティ地方部の日曜学校の校長を務め、また同時期に同地方部の顧問も務めた。モーは1928年から1935年まで青少年組織YMMIAの総合委員を務めた。1935年12月、モーはディザレット日曜学校連盟の総合委員に就任した[18]

家族[編集]

モーは1922年6月22日に、フローレンス・ビューラー (Florence Buehler) と結婚した。夫妻は5人の子供をもうけた[19][20]

参考文献[編集]

  1. ^ Jenson, Andrew. LDS Biographical Encyclopedia. (Salt Lake City: Deseret News Press, 1936) Vol. 4, p. 216-217
  2. ^ Jenson. Biographical Encyclopedia. Vol 4, p. 217
  3. ^ Maher, Richard. For God and Country: Memorable Stories from the Lives of Mormon Chaplains (Bountiful, Utah: Horizon Publishers, 1976) p. 16
  4. ^ Jenson. Biographical Encyclopedia. p. 217
  5. ^ Mangum, James I. The Influence of the First World War on The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints (Provo: Thesis at Brigham Young University, 2007) p. 4, 8
  6. ^ Jenson. Biographical Encyclopedia. p. 217
  7. ^ National Governors Association
  8. ^ University of Utah Sesquicentennial Exhibit
  9. ^ Jenson. Biographical Encyclopedia. Vol. 4, p. 217
  10. ^ National Governors Association
  11. ^ National Governors Association
  12. ^ National Governors Association
  13. ^ Utah History Encyclopedia
  14. ^ ハーバート・ブラウン・モー - Find a Grave(英語)
  15. ^ Landslides and Slim Victories - A Utah Political Moment
  16. ^ Utah's Nastiest Race - A Utah Political Moment
  17. ^ Utah History Encyclopedia
  18. ^ Jenson. Biographical Encyclopedia Vol. 4, p. 217
  19. ^ Jenson. Biographical Encyclopedia p. 217
  20. ^ National Governors Association

外部リンク[編集]

公職
先代:
ヘンリー・フーパー・ブラッド
ユタ州知事
1941年1月6日 - 1949年1月3日
次代:
ジョセフ・ブラッケン・リー