アーチボルド・コックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーチボルド・コックス

アーチボルド・コックス・ジュニア(Archibald Cox, Jr., 1912年5月12日 - 2004年5月29日)は、ジョン・F・ケネディ大統領の下の訟務長官を務めて、ウォーターゲート事件特別検察官英語版だった、アメリカ合衆国の法律家。

ハーバード大学、ハーバード・ロースクールを卒業後、連邦控訴裁判所ハンド裁判官の調査官を務めた。その後ハーバード大学法学部教授となり、憲法労働法などを教授した(スコット・トゥローの処女作「ハーバード・ロー・スクール」に登場する)。

土曜日の夜の虐殺」と名付けられた1973年10月20日に、リチャード・ニクソン大統領は、ウォーターゲート事件特別検察官のコックスを解任するように命じた。司法長官エリオット・リチャードソンおよび司法副長官ウィリアム・D・ラッケルズハウス英語版の両人はこの命令を拒否して辞職した。命令は後任の訟務長官ロバート・ボークによって行なわれた。

公職
先代:
リー・ランキン
アメリカ合衆国訟務長官
1961年1月 - 1965年7月
次代:
サーグッド・マーシャル