アレグザンダー・ビューエル・トロウブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレグザンダー・トロウブリッジ

アレグザンダー・ビューエル・トロウブリッジ3世Alexander Buel Trowbridge III1929年12月12日 - 2006年4月27日)は、リンドン・ジョンソン政権下で1967年6月14日から1968年3月1日までアメリカ合衆国商務長官を務めた人物である。

トロウブリッジは、1929年12月12日ニュー・ジャージー州イングルウッドで生まれた。青年期の1947年にマサチューセッツ州アンドーヴァーフィリップス・アカデミーを、1951年にプリンストン大学を卒業した[1]

第二次世界大戦後、彼は種々の復興事業に従事した。ニュー・ヨーク州レイク・サクセスの国連国際インターン計画に従事した後は、大学に通ったり、朝鮮戦争時に海兵隊に入ったりした。

1954から1965年にかけて、彼は石油事業者として勤務した。リンドン・ジョンソン大統領は1965年、彼を商務次官補に指名した。1967年1月19日に商務長官代理となった後、1967年6月14日には商務長官に就任し、1968年3月1日まで務めた。就任時の年齢は36歳で、米国史上最年少の商務長官であった。辞任後は実業界に復帰し、まず全米産業審議会の議長となり、その後ニュー・ジャージー州モリス・タウンに拠点を置くアライド・ケミカル社の副会長として、またカナダケベック州ポアント=クレール (Pointe-Claire) にある子会社「アライド・ケミカル・カナダ社」の会長として経営に参画した。後に全米製造業者協会の会長を務めた(1981年 - 1989年)。1990年代初頭には、競争力政策評議会 (Competitiveness Policy Council) の一員となった。

商務長官時代、彼は商務省労働省との再統合を提案した。

彼は、アメリカン大学のロシア史の教授アレグザンダー・ビューエル・トロウブリッジ・ジュニアの息子であり、コーネル大学建築学部の学部長(1897年 - 1902年)を務めたアレグザンダー・ビューエル・トロウブリッジの孫であった。祖母ガートルード・メアリー・シャーマン (Gertrude Mary Sherman) は、米国建国の祖の1人、ロジャー・シャーマンの玄孫であった。

レビー小体型認知症を患い、ワシントンD.C.の自宅で死去した。76歳。

[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジョン・トマス・コナー
アメリカ合衆国商務長官
1967年6月14日 - 1968年3月1日
次代:
C・R・スミス