ジョン・ニコル・アーウィン (国務副長官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
John N. Irwin, II.jpg

ジョン・ニコル・アーウィン(John Nichol Irwin, II、1913年12月31日 - 2000年2月28日)は、アメリカ合衆国政治家外交官冷戦時代に国務次官国務副長官、および駐フランス大使を務めた。

生涯[編集]

アイオワ州キオカクにて誕生。ローレンスビル・スクールを経て、1937年にプリンストン大学卒。1941年フォーダム大学ロー・スクール卒。1944年にオックスフォード大学で修士課程修了[1]第二次世界大戦中は米陸軍に所属し、大佐として従軍。

1947年、米比合同財政委員会スタッフ[2]。パターソン・ベルナップ・ ウェブ&タイラー法律事務所パートナーを経て、1958年から1961年まで国防副次官補(国際安全保障担当)[2]。1965年から1968年までパナマ運河交渉のアメリカ代表[2]。1969年、対ペルー特使[2]

1970年から1972年まで国務次官[3]。1972年から1973年まで国務副長官[3]。1973年から1974年まで駐フランス大使[3]

人物[編集]

アーウィンの人物像について、ニューヨーク・タイムズ紙は「正直で、謙虚で、思いやりのある人物」「親身になって話を聞いてくれる素晴らしい人物」と紹介した[4]

家族[編集]

アーウィンは実業家トーマス・J・ワトソンの娘ジェイン・ワトソン (Jane Watson) と結婚[1]。1970年に死別[1]。ジェインとの間に、1男1女をもうけた[4]

  • ジョン・ニコル・アーウィン (John Nichol Irwin, III) - 実業家。アリゾナの“土地王”。
  • ジェイン・W・I・ドロッパ (Jane W. I. Droppa)

アーウィンは1976年9月30日に、ジェイン・G・ライマース (Jane G. Reimers) と再婚[4]

出典[編集]

公職
先代:
エリオット・リチャードソン
アメリカ合衆国国務次官
1970年9月21日 - 1972年7月12日
次代:
-
(組織再編により職務細分化)
先代:
-
(新設)
アメリカ合衆国国務副長官
1972年7月13日 - 1973年2月1日
次代:
ケネス・ラッシュ
外交職
先代:
アーサー・ワトソン
在フランスアメリカ合衆国大使
1973年3月23日 - 1974年10月20日
次代:
ケネス・ラッシュ