ケネス・ラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケネス・ラッシュ

ケネス・ラッシュ(Kenneth Rush, 1910年1月17日 - 1984年12月11日)は、アメリカ合衆国外交官政治家駐西ドイツ大使駐フランス大使国防副長官国務副長官を歴任。1971年のベルリン協定英語: Four Power Agreement on Berlin)締結交渉を支援した[1]

生い立ち[編集]

ケネス・ラッシュはワシントン州ワラワラにてデイヴィッド・ケネス・ラッシュ (David Kenneth Rush) の息子として生まれた。両親はテネシー州の出身であり、西部を1年かけて旅行している途中でケネスを出産した。父親はテネシー州グリーンビルの農場主であり、母親は学校教師であった。父親とは2歳のときに死別した[1]。ラッシュはグリーンビルの高校を経て、テネシー大学に進学した。彼は給仕として働き、学費を稼いだ。彼は歴史を専攻し、ファイ・ベータ・カッパの会員に推挙された。1932年、イェール・ロー・スクールに進学。法律雑誌の編集者を務め、法学修士号を取得した[2]

初期の経歴[編集]

1936年から1937年まで、ラッシュはデューク大学にて准教授を務め、法学の講義を担当した。彼は学生の1人であったリチャード・ニクソンと知り合い、永続的な友情関係を構築した。1937年、ラッシュはユニオン・カーバイド・アンド・カーボン社からのオファーを受け、同社に幹部として加わった。彼は1939年に副社長に就任、1966年に社長となった[1]

政治経歴[編集]

ラッシュは1969年にすべての民間企業職を辞し、駐西ドイツ大使に就任した。リチャード・ニクソン大統領は1972年に彼をアメリカ合衆国国防副長官に任命。翌1973年には国務副長官に転任。1974年から1977年までは駐フランス大使を務めた[3]

ラッシュは1971年のベルリン協定英語: Four Power Agreement on Berlin)締結に際して、主たる役割を果たした。彼は17ヶ月間にわたって米英ソ仏間の交渉に関与し、各国政府からの信頼を獲得した。ベルリン協定の合意により、20年以上にわたった東西ドイツの緊張は緩和され、また米ソ間の関係改善にも寄与した。

[編集]

ラッシュは1994年12月11日にフロリダ州デルレイビーチの自宅にて死去した。息子の1人によると、彼は心臓と血液の病気の治療を受けていた。

私生活[編集]

1947年、ラッシュはジェイン・ギルバート (Jane Gilbert Smith) と結婚した。彼らは息子5人、娘1人をもうけた。息子のうち2人は夭逝した。

出典[編集]

  1. ^ a b c Binder, David (1994年12月13日). “Kenneth Rush, U.S. Diplomat, Is Dead at 84”. http://www.nytimes.com/1994/12/13/obituaries/kenneth-rush-us-diplomat-is-dead-at-84.html 2009年8月22日閲覧。 
  2. ^ Kenneth Rush”. 2009年8月22日閲覧。
  3. ^ Dunhan, Elizabeth (2006年7月20日). “Kenneth Rush Papers”. 2009年8月22日閲覧。
公職
先代:
デビッド・パッカード
アメリカ合衆国国防副長官
1972年2月23日 - 1973年1月29日
次代:
ビル・クレメンツ
先代:
ジョン・ニコル・アーウィン
アメリカ合衆国国務副長官
1973年2月2日 - 1974年5月29日
次代:
ロバート・スティーヴン・インガーソル
外交職
先代:
ヘンリー・カボット・ロッジJr.
在ドイツアメリカ合衆国大使
1969年7月22日 - 1972年2月20日
次代:
マーティン・ヒレンブランド
先代:
ジョン・ニコル・アーウィン
在フランスアメリカ合衆国大使
1974年11月21日 - 1977年3月14日
次代:
アーサー・アデア・ハートマン