在フランスアメリカ合衆国大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

在フランスアメリカ合衆国大使(ざいフランスアメリカがっしゅうこくたいし、United States Ambassador to France)は、フランスに派遣されたアメリカ合衆国大使その他の外交使節団の長を指す。

アメリカ合衆国は独立以来、フランスに大使を派遣してきた。第二次世界大戦中もヴィシー政権を承認して大使を派遣していたが、1942年11月8日に北アフリカ問題を巡る対立によりヴィシー政権と断交した。そのため、ヴィシー政権崩壊後の1944年までの期間、米仏の国交は断絶していた。

以下は、歴代の在フランスアメリカ合衆国大使の一覧である。

歴代大使[編集]

# 氏名 階級 任命 在任期間 備考
信任状奉呈 退任
1 ベンジャミン・フランクリン 全権公使 1778年9月14日 1779年3月23日 1785年5月17日
2 トーマス・ジェファーソン 全権公使 1785年3月10日 1785年5月17日 再び任命。
3 トーマス・ジェファーソン 全権公使 1787年10月12日 1789年9月26日
4 ウィリアム・ショート 全権公使 1790年4月20日 1790年6月14日 1792年5月15日
5 ガバヌーア・モリス 全権公使 1790年1月12日 1792年6月3日 1794年4月9日 モリスは後任者が信任状を奉呈されたとき、依然公使職に留まっていた。
6 ジェームズ・モンロー 全権公使 1794年5月28日 1794年8月15日 1796年12月9日
7 チャールズ・コーツワース・ピンクニー 全権公使 1796年9月9日 1797年2月5日 上院の承認を受けたが、委任の記録なし。
ウィリアム・ヴァンズ・マレイ 全権公使 任命されず。
ジェームズ・バイアード 全権公使 1801年2月19日 着任せず。
8 ロバート・リヴィングストン 全権公使 1801年10月2日 1801年12月6日 1804年11月18日
9 ジョン・アームストロング 全権公使 1804年6月30日 1804年11月18日 1810年9月14日 上院休会中に任命、のち上院によって指名は承認されたが、承認後の新たな任命の記録なし。
10 ジョナサン・ラッセル 代理公使 1810年10月5日 1811年9月14日 1811年2月3日頃任命されるが、信任状の捧呈を受けず。
11 ジョエル・バーロウ 全権公使 1811年2月27日 1811年11月17日 1812年12月26日 死亡退職。
12 ウィリアム・クロウフォード 全権公使 1813年4月9日 1813年12月14日 1815年4月30日 上院休会中に任命、1813年5月28日の承認後に再び任命。
13 アルバート・ギャラティン 特命全権公使 1815年2月28日 1816年7月16日 1823年5月16日
14 ジェームズ・ブラウン 特命全権公使 1823年12月9日 1824年6月13日 1829年6月28日
15 ウィリアム・キャベル・リーヴズ 特命全権公使 1829年4月18日 1829年10月25日 1832年9月27日 上院休会中に任命、1830年2月10日の承認後に再び任命。
16 レヴェット・ハリス 代理公使 1833年3月6日 1833年4月20日 1833年9月30日
17 エドワード・リヴィングストン 特命全権公使 1833年5月29日 1833年9月30日 1835年4月29日 上院休会中に任命、1834年3月5日の承認後に再び任命。
18 ルイス・カス 特命全権公使 1836年10月4日 1836年12月1日 1842年11月12日
ヘンリー・ワイズ 特命全権公使 上院が承認を拒否したため、着任せず。
19 ウィリアム・キング 特命全権公使 1844年4月9日 1844年7月1日 1846年9月15日
チャールズ・インガーソル 特命全権公使 上院が承認を拒否したため、着任せず。
20 リチャード・ラッシュ 特命全権公使 1847年3月3日 1847年7月31日 1849年10月8日 フランスが共和政に戻った1848年4月26日、再び信任状を捧呈された。
21 ウィリアム・キャベル・リーヴズ 特命全権公使 1849年7月20日 1849年11月8日 1853年5月12日 フランスが帝政に戻った1848年4月26日、再び信任状を捧呈された。
22 ジョン・ヤング・メイソン 特命全権公使 1853年10月10日 1853年1月22日 1859年10月3日 上院休会中に任命、1853年12月6日の承認後に再び任命。死亡退職。
23 チャールズ・フォークナー 特命全権公使 1860年1月16日 1860年3月4日 1861年5月12日
24 ウィリアム・ルイス・デイトン 特命全権公使 1861年3月18日 1861年5月19日 1864年12月1日
25 ジョン・ビグロー 特命全権公使 1865年3月15日 1865年4月23日 1866年12月23日 上院休会中に任命、1866年1月22日の承認後に再び任命。
26 ジョン・アダムズ・ディクス 特命全権公使 1866年9月24日 1866年12月23日 1869年5月23日 上院休会中に任命、1867年3月2日の承認後に再び任命。
27 エリフ・ウォシュバーン 特命全権公使 1869年3月17日 1869年5月23日 1877年9月5日 フランスが共和政に戻った1848年8月8日、再び信任状を捧呈された。
28 エドワード・フォランスビー・ノイズ 特命全権公使 1877年7月1日 1877年9月5日 1881年8月5日 上院休会中に任命、1877年3月30日の承認後に再び任命。
29 レヴィ・パーソンズ・モートン 特命全権公使 1881年3月21日 1881年8月5日 1885年5月14日
30 ロバート・ミリガン・マクレーン 特命全権公使 1885年3月23日 1885年5月14日 1889年5月20日
31 ホワイトロウ・レイド 特命全権公使 1889年3月23日 1889年5月21日 1892年3月25日
32 トーマス・ジェファーソン・クーリッジ 特命全権公使 1892年5月12日 1892年6月10日 1893年5月4日
ジェームズ・ビドル・ユースティス 特命全権公使 1893年3月20日 就任の宣誓をしたが、特命全権公使の資格で着任することはなかった。
33 ジェームズ・ビドル・ユースティス 特命全権大使 1893年4月8日 1893年5月6日 1897年5月24日
34 ホーレス・ポーター 特命全権大使 1897年3月19日 1897年3月26日 1905年5月2日
35 ロバート・サンダーソン・マコーミック 特命全権大使 1905年3月8日 1905年5月2日 1907年3月2日
36 ヘンリー・ホワイト 特命全権大使 1906年12月19日 1907年3月23日 1909年11月3日
37 ロバート・ベイコン 特命全権大使 1909年12月21日 1909年12月31日 1912年4月19日
38 マイロン・ティモシー・ヘリック 特命全権大使 1912年2月15日 1912年4月29日 1914年11月28日
39 ウィリアム・グレイヴス・シャープ 特命全権大使 1914年6月19日 1914年12月4日 1919年4月14日
40 ウィリアム・グレイヴス・シャープ 特命全権大使 1914年6月19日 1914年12月4日 1919年4月14日
41 ヒュー・キャンベル・ウォーレス 特命全権大使 1919年2月27日 1919年4月22日 1921年7月5日
42 マイロン・ティモシー・ヘリック 特命全権大使 1921年4月16日 1921年7月15日 1929年3月31日
43 ウォルター・エッジ 特命全権大使 1929年11月21日 1929年12月18日 1933年3月13日
44 ジェッセ・シュトラウス 特命全権大使 1933年3月17日 1933年6月8日 1936年8月5日
45 ウィリアム・ブリット 特命全権大使 1936年8月25日 1936年10月13日 1940年7月11日 上院休会中に任命、1937年1月23日の承認後に再び任命。ブリットの任期終了間際の1940年6月13日〜25日まで、アンソニー・J・ドレクセル・ビドルJr.が代理大使の任に就いた。
46 ウィリアム・リーヒ 特命全権大使 1940年11月29日 1941年1月8日 1942年5月1日 米仏関係が悪化した1942年11月8日、S・ピンクニー・タックが臨時に代理公使を務めた。
47 ジェファーソン・キャフェリー 特命全権大使 1944年11月25日 1944年12月30日 1949年5月13日
48 デイヴィッド・ブルース 特命全権大使 1949年5月9日 1949年5月17日 1952年3月10日
49 ジェームズ・ダン 特命全権大使 1952年3月13日 1952年3月27日 1953年3月2日
50 C・ダグラス・ディロン 特命全権大使 1953年2月27日 1953年3月13日 1957年1月28日
51 エイモリー・ヒュートン 特命全権大使 1957年3月14日 1957年4月17日 1961年1月19日
52 ジェームズ・ギャヴィン 特命全権大使 1961年2月22日 1961年3月21日 1962年9月26日
53 チャールズ・E・ボーレン 特命全権大使 1962年9月4日 1962年10月27日 1968年2月9日
54 サージェント・シュライヴァー 特命全権大使 1968年4月22日 1968年5月25日 1970年3月25日
55 アーサー・ワトソン 特命全権大使 1970年4月8日 1970年5月6日 1972年10月30日
56 ジョン・ニコル・アーウィン 特命全権大使 1973年2月2日 1973年3月23日 1974年10月20日
57 ケネス・ラッシュ 特命全権大使 1974年9月19日 1974年11月21日 1977年3月14日
58 アーサー・ハートマン 特命全権大使 1977年6月8日 1977年7月7日 1981年10月14日
59 エヴァン・グリフィス・ガルブレイス 特命全権大使 1981年11月6日 1981年12月2日 1985年7月15日
60 ジョー・ロジャーズ 特命全権大使 1985年7月19日 1985年9月20日 1989年1月8日
61 ウォルター・カーリー 特命全権大使 1989年5月12日 1989年7月6日 1993年2月11日
62 パメラ・ハリマン 特命全権大使 1993年5月8日 1993年6月30日 1997年2月5日 死亡退職。
63 フィリックス・ロハティン 特命全権大使 1997年8月1日 1997年9月11日 2000年12月7日
64 ハワード・リーチ 特命全権大使 2001年7月12日 2001年9月4日 2005年4月16日
65 クレイグ・ロバーツ・ステイプルトン 特命全権大使 2005年6月21日 2005年7月25日 現職 2006年11月22日より、駐モナコ大使を兼任。

外部リンク[編集]