マイロン・ティモシー・ヘリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイロン・ティモシー・ヘリック

マイロン・ティモシー・ヘリック(Myron Timothy Herrick, 1854年10月9日 - 1929年3月31日)は、アメリカ合衆国政治家共和党所属。第42代オハイオ州知事を務めた。

生涯[編集]

1854年10月9日、ヘリックはオハイオ州ロレイン郡ハンティントン郡区に生まれた。父親は地元の農場主ティモシー・ロビンソン・ヘリック (Timothy Robinson Herrick) であった。

ヘリックは1904年から1906年までオハイオ州知事を務めた。ヘリックは続いて駐フランス大使となり、1912年から1914年まで、および1921年から1929年まで大使職を務めた。

ヘリックは大使在職中の1929年3月31日心臓麻痺により死去した。ヘリックは1916年に連邦上院議員に立候補したが、民主党の対立候補アトリー・ポメリンに敗れた。

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジョージ・ナッシュ
オハイオ州知事
1904年1月11日 - 1906年1月8日
次代:
ジョン・M・パティソン
外交職
先代:
ロバート・ベイコン
在フランスアメリカ合衆国特命全権大使
1912年4月29日 - 1914年11月28日
次代:
ウィリアム・シャープ
先代:
ヒュー・ウォレス
在フランスアメリカ合衆国特命全権大使
1921年7月15日 - 1929年3月31日
次代:
ウォルター・エッジ