ウィリアム・グレイヴス・シャープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・グレイヴス・シャープ
William Graves Sharp.png
生年月日 1859年3月14日
出生地 オハイオ州マウントギリアド
没年月日 1922年11月17日(63歳)
出身校 ミシガン大学
所属政党 民主党
任期 1909年 - 1914年

任期 1914年 - 1919年
テンプレートを表示

ウィリアム・グレイヴス・シャープ (William Graves Sharp, 1859年3月14日 - 1922年11月17日) は、アメリカ合衆国弁護士政治家外交官

シャープはオハイオ州マウントギリアドに生まれる。1881年にミシガン大学を卒業、法学位を得、イリリアで弁護士を開業する。彼はまた炭、銑鉄および化学物質の製造にも従事した。1885年から88年までロレイン郡の検事を務めた。

1892年には民主党の大統領選挙人となり、1900年には民主党の下院議員候補となり、第61議会から63議会(1909年 - 1915年)までの下院議員を務めたが、1914年にウィルソン大統領からフランス大使への就任を要請され、下院議員を辞職した。

参照[編集]

この記事はパブリックドメインであるNew International Encyclopediaに由来する文章を含んでいます。

外部リンク[編集]

議会
先代:
J・フォード・ラニング
オハイオ州選出下院議員
オハイオ州第14選挙区

1909年 - 1914年
次代:
スワード・H・ウィリアムズ
外交職
先代:
マイロン・ティモシー・ヘリック
在フランスアメリカ合衆国特命全権大使
1914年 - 1919年
次代:
ヒュー・キャンベル・ウォレス