ジョン・ネルソン (司法長官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ネルソン

ジョン・ネルソン(John Nelson, 1794年6月1日 - 1860年1月18日)は、アメリカ合衆国政治家1843年から1845年までジョン・タイラー大統領の下で司法長官を務めた。

生涯[編集]

1791年6月1日、ネルソンはメリーランド州フレデリックにおいて誕生した。父親は政治家ロジャー・ネルソン、母親はスコットランドからの移民の末裔メアリー・ブルック・シム (Mary Brooke Sim) であった。ネルソンは1811年ウィリアム・アンド・メアリー大学を卒業し、1813年弁護士として認可を受けた。ネルソンはフレデリックで弁護士業を開業した。

ネルソンは地元でいくつかの公職を経験した後、1821年にメリーランド州第4選挙区からアメリカ合衆国下院議員に選出された。ネルソンは連邦下院議員を1823年まで1期2年務めた。再選には志願しなかった。ネルソンは1825年プリンストン大学から文学修士の学位を授与された。

1831年、ネルソンは両シチリア王国駐在の代理公使に任命された。ネルソンは1832年まで公使職を務めた。1843年7月ジョン・タイラー大統領はネルソンを司法長官に指名した。ネルソンはタイラー大統領の任期満了となる1845年3月まで司法長官を務めた。また1844年、ネルソンは国務長官代行に指名され、およそ1ヶ月にわたって司法長官職と兼任した。

司法長官退任後、ネルソンは公職を退いた。そして1860年1月8日、ネルソンはメリーランド州ボルチモアにおいて死去した。ネルソンの遺体はボルチモア市内のグリーンマウント墓地に埋葬された。

家族[編集]

1816年11月18日、ネルソンはフランシス・ハリエット・バローズ (Frances Harriet Burrows, 1798-1832) と結婚した。2人の間には以下の子供が生まれた。

  1. アン・セシリア・ネルソン (Ann Cecilia Nelson)
  2. ジョン・ローレンス・ネルソン (John Lawrence Nelson)
  3. ローザ・ラウダニア・ネルソン (Rosa Loudonia Nelson)
  4. ウィリアム・バロウズ・ネルソン (William Burrows Nelson)

1838年5月13日、ネルソンはマチルダ・テナント (Matilda Tenant, 1815-1860) と結婚した。2人の間には以下の子供が生まれた。

  1. ジョセフ・ストーリー・ネルソン (Joseph Story Nelson)
  2. テナント・ネルソン (Tenant Nelson)
  3. メアリー・シム・ネルソン (Mary Sim Nelson)

外部リンク[編集]

公職
先代:
ヒュー・スウィントン・レグリー
アメリカ合衆国司法長官
1843年7月11日 - 1845年3月4日
次代:
ジョン・ヤング・メイソン
外交職
先代:
-
在両シチリア王国アメリカ合衆国代理公使
1832年1月25日 - 1832年10月15日
次代:
エノス・トループ