メイフラワー誓約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この浅浮き彫りは、メイフラワー誓約に署名する様子を表している。プロビンスタウンのブラッドフォード通り、ピルグリム記念碑の真下にある。
メイフラワー誓約への署名、エドワード・パーシー・モラン画、プリマス博物館に掲示
メイフラワー誓約、ブラッドフォードによる写し

メイフラワー誓約: Mayflower Compact)とは別名メイフラワー盟約(書)もしくはメイフラワー契約(書)と言われ、メイフラワー号によって北アメリカにやってきた、ピルグリム・ファーザーズプリマス植民地で作成したアメリカ最初の憲法である[要出典]。植民者のほぼ半分は英国教会の意思ではなく、独自の決断に従ってキリスト教信仰の自由を求めた分離派集団の一部だった。誓約は1620年11月20日ユリウス暦11月11日[1])に、ケープコッドに近い現在のプロビンスタウン港で、メイフラワー号に乗っていた100人以上の乗船客のうち41人[2]によって署名された。

誓約を作った理由[編集]

メイフラワー号は当初、ロンドンのバージニア会社にイギリス王室から勅許された土地であるハドソン川河口を目指していた。しかしそれよりは遥か北にある現在のマサチューセッツ州に上陸する決断がなされた。このことは、「異邦人」(渡航を指導した非国教徒の会派に属さない植民者)の中から、バージニア会社の同意された領土に開拓地が作られるのではないので、「自分達の自由を行使する故に、誰も指揮する権限を持たない...」という声を上げさせることになった[3]。これを防ぐために他の植民者たちの多くは1つの政府を樹立することにした。メイフラワー号の乗船客は1620年11月にプリマスで上陸した(この地名はジョン・スミス船長がこれ以前に名付けていた)。開拓者達はメイフラワー号が出港したイングランドデヴォン州にある主要港に因んでその開拓地を「プリマス」(“Plimouth”、歴史的には古英語の綴りで“Plimoth”としても知られる)と名付けた。

メイフラワー誓約は同時に多数決主義モデルに基づいており(ただし署名者の数は多数ではなかった)、開拓者達の国王に対する忠誠に基づいていた。基本的に開拓者達が生き残るために誓約の規則と規定に従うことに同意する社会契約となった。

メイフラワー誓約の本文[編集]

メイフラワー誓約の原稿は失われたが、エドワード・ウィンスローの書いた『モートの関係』とウィリアム・ブラッドフォードの日誌『プリマス・プランテーションについて』にある写しは一致しており、正確なものと認められた。ブラッドフォードの手書き原稿はマサチューセッツ州図書館の特別貯蔵所に保管されている[4]。ブラッドフォードの写しは次のようになっている。

神の名において、アーメン。下に署名した我々は、グレートブリテン、フランスおよびアイルランドの神、国王、信仰の守護者、等々の恩寵によって、崇敬する君主である国王ジェームズ1世 (イングランド王)ジェームズの忠実な臣民である。

神の栄光とキリスト教信仰の振興および国王と国の名誉のために、バージニアの北部に最初の植民地を建設する為に航海を企て、開拓地のより良き秩序と維持、および前述の目的の促進のために、神と互いの者の前において厳粛にかつ互いに契約を交わし、我々みずからを政治的な市民団体に結合することにした。これを制定することにより、時々に植民地の全体的善に最も良く合致し都合の良いと考えられるように、公正で平等な法、条例、法、憲法や役職をつくり、それらに対して我々は当然の服従と従順を約束する。君主にして国王ジェームズのイングランド、フランス、アイルランドの11年目、スコットランドの54年目の統治年11月11日、ケープコッドで我々の名前をここに書することを確かめる。西暦1620年[5][3]

署名者[編集]

署名した41人の乗船客の下記リストはブラッドフォードの甥ナサニエル・モートンが1669年に著した『ニューイングランドの記念』に記されている[6]。この情報に関して当初の記録は残っていない。

  1. ジョン・カーバー
  2. ウィリアム・ブラッドフォード
  3. エドワード・ウィンスロー
  4. ウィリアム・ブリュースター
  5. アイザック・アラートン
  6. マイルス・スタンディッシュ
  7. ジョン・アルデン
  8. サミュエル・フラー
  9. クリストファー・マーティン
  10. ウィリアム・マリンズ
  11. ウィリアム・ホワイト
  12. リチャード・ウォーレン
  13. ジョン・ハウランド
  14. スティーブン・ホプキンス

15. エドワード・ティリー
16. ジョン・ティリー
17. フランシス・クック
18. トマス・ロジャース
19. トマス・ティンカー
20. ジョン・リッジデール
21. エドワード・フラー
22. ジョン・ターナー
23. フランシス・イートン
24. ジェイムズ・チルトン
25. ジョン・クラクストン
26. ジョン・ビリントン
27. ジョージズ・フレッチャー
28. ジョン・グッドマン

29. デゴリー・プリースト
30 トマス・ウィリアムズ
31. ギルバート・ウィンスロー
32. エドマンド・マージソン
33. ピーター・ブラウン
34. リチャード・ビターリッジ
35. ジョージ・ソウル
36. リチャード・クラーク
37. リチャード・ガーディナー
38. ジョン・アラートン
39. トマス・イングリッシュ
40. エドワード・ドーテン
41. エドワード・レスター

トマス・プリンスの1736年の著書『年譜形態によるニューイングランドの時間軸歴史』では同じリストが同じ順番で載っているが、幾つかの修正が行われている[7]。プリンスはブラッドフォード知事のフォリオ現行の最後にあるリストに見つけた10人の名前に「ミスター」を補った。ブラッドフォードの名前に「ミスター」が無いのは、ブラッドフォードの謙譲によるものと考えた。またスタンディッシュには「キャプテン」を付加した。5人の名前にはスペルを修正した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時ピルグリムはユリウス暦を使用しており、グレゴリオ暦より10日遅れていた。誓約での記述は"ye .11. of November" となっている。
  2. ^ Rothbard, Murray Rothbard (1975). “"The Founding of Plymouth Colony"”. Conceived in Liberty. 1. Arlington House Publishers. 
  3. ^ a b Bradford, William (1898). “Book 2, Anno 1620”. In Hildebrandt, Ted (PDF). Bradford's History "Of Plimoth Plantation". Boston: Wright & Potter. http://faculty.gordon.edu/hu/bi/Ted_Hildebrandt/NEReligiousHistory/Bradford-Plimoth/Bradford-PlymouthPlantation.pdf 2006年6月1日閲覧。. 
  4. ^ State Library of Massachusetts Online catalog
  5. ^ The Mayflower Compact — Society of Mayflower Descendants in the State of North Carolina
  6. ^ Morton, Nathaniel (1669). “Chapter 2”. In Rhys, Ernest. New England’s Memorial. http://www.bibliomania.com/2/1/60/107/20817/1.html.  1772年のモートンの再版は完全に異なる順序となっている
  7. ^ Thomas Prince, A Chronological History of New-England in the form of Annals (1736), pp. 83-85.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]