リチャード・スモーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1996年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:フラーレンの発見
リチャード・スモーリー

リチャード・エレット・スモーリー(Richard Errett Smalley, 1943年6月6日-2005年10月28日)はアメリカ合衆国オハイオ州アクロン出身の物理学者天文学者且つ化学者フラーレンの発見の功績によって1996年ノーベル化学賞を得ている。

生まれてまもなくミズーリ州カンザスシティに移り、そこで幼少期を過ごす。基礎教育を受けた後、ホープ・カレッジに入学。後にミシガン大学へ転入し、1965年学士号を取得。企業に就職して独自の経営手法を確立した。1973年プリンストン大学から博士号を授与される。博士号取得後はシカゴ大学でレナルド・ウォーストンとドナルド・レヴィと共に超音速ジェットを使用したレーザー分光学の研究を行いその先駆者となった。1981年ライス大学化学科の教授に就任した。

その後、半導体無機化合物の構造を解析するためにイオン共鳴質量分析器の研究を行う。この結果、ロバート・カール暗黒物質の成分の研究を行っていたハロルド・クロトーに紹介される。彼らは研究の結果サッカーボールのような炭素の同素体、フラーレンを発見した。以後、類縁化合物のC70カーボンナノチューブについて調べたり、金属を内部に有するフラーレンを作ったりした。他の主たる研究内容にはカーボンナノチューブを高圧化の一酸化炭素から作り出す方法(HiPco)の開発に参加したことがあげられる。

分子ナノマシンの構想には批判的であったが、ナノテクノロジーに関しては大いに期待していた。没年キリスト教に入信。白血病を患い、テキサス州ヒューストンで没する。

外部リンク[編集]