ロアルド・ホフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロアルド・ホフマン
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1981年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:化学反応過程の理論的研究

ロアルド・ホフマンRoald Hoffmann、(1937年7月18日 - )は、アメリカ合衆国化学者(国籍はポーランド)。本名ロアルド・ザフラン(Roald Safran)。

量子化学化学反応におけるウッドワード・ホフマン則を明らかにし、1981年度のノーベル化学賞福井謙一とともに受賞した。

来歴[編集]

ポーランド(現在ウクライナ)のガリチア・ズウォチュフ(現ウクライナゾーロチウ)でユダヤ系の家庭(父ヒレル・ザフラン、母クララ・ローゼン)に生まれ、探険家ロアール・アムンセン(ロアルド・アムンゼン)にあやかって名づけられた。第二次世界大戦で一家はまずソ連占領下に置かれ、1941年からはドイツ占領下に置かれて強制収容所に送られた。彼と母は父の努力で脱出し匿われたが、父は殺された。母はパウル・ホフマンと再婚した。

1946年に一家はポーランドを脱出し、オーストリアドイツなどを経て1949年にアメリカへ移住した。コロンビア大学1958年に卒業、ハーヴァード大学大学院でウィリアム・リプスコムについて学び、1962年に博士号を取得した。

有機化合物・無機化合物の両方を研究対象とし、拡張ヒュッケル法(彼が1963年に提唱した)などの計算機化学的方法を発展させた。またこれを用いて、ロバート・バーンズ・ウッドワードとともに、有機化学反応の立体選択性を予測する法則であるウッドワード・ホフマン則を明らかにした。

科学に関する啓蒙書を書いているほか、詩人としても2巻の詩集を出している。また科学的発見をテーマとする劇 "O2 Oxygen" を書いている。

ウッドワード・ホフマン則の業績により、1981年にノーベル化学賞を福井謙一とともに授与された。現在コーネル大学教授。

2009年、ホフマンの主導により故郷ゾーロチウにホロコースト犠牲者の記念碑が建てられた。

外部リンク[編集]