ウィリアム・リプスコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1976年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:ボランの構造研究
ウィリアム・リプスコム

ウィリアム・ナン・リプスコム・ジュニア(William Nunn Lipscomb, Jr., 1919年12月9日 - 2011年4月14日)は、アメリカ合衆国無機化学者生化学者

生涯[編集]

オハイオ州クリーヴランドに生まれる。幼い頃にケンタッキー州レキシントンに転居し、1941年にケンタッキー大学で科学の学位を取得するまでそこですごした。博士号は1946年にカリフォルニア工科大学で取得した。

1946年から1959年まで、彼はミネソタ大学で教鞭を取っていた。そして1959年からはハーバード大学の化学の教授に就任した。

1950年代にX線結晶構造解析を使ってボランの分子構造を推定し、その化学結合を説明する理論を構築した。彼は後にこの理論を様々な問題を解決するのに応用した。その中には、後にノーベル賞を授与されるロアルド・ホフマンに指導したカルボラン酸の研究も含まれる。彼は後に、タンパク質、特に酵素の原子配置に興味を持って研究した。

国際量子分子科学アカデミーのメンバーであり、ケンタッキー・カーネルの受賞者でもある。

また彼は1961年に全米科学アカデミーの会員に選ばれ、1976年にノーベル化学賞を受賞した。またイグノーベル賞の常任プレゼンターも務めた。

2011年4月14日、肺炎合併症のためマサチューセッツ州ケンブリッジの病院で死去。91歳没[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ウィリアム・リプスコム氏死去 ノーベル化学賞受賞者”. 東京新聞. (2011年4月16日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011041601000351.html 2011年4月16日閲覧。 

外部リンク[編集]