ジョージ・オラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1994年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:カルボカチオン化学への貢献
ジョージ・オラー

ジョージ・アンドリュー・オラー(George Andrew Olah, 1927年5月22日 – )は、アメリカの有機化学者である。1994年、「カルボカチオン化学への貢献」の功績で、ノーベル化学賞を単独受賞した。2005年にはアメリカ化学会の最高の賞、プリーストリー賞を受賞している。

略歴[編集]

1927年、ハンガリーブダペストに生まれる。出生時の名はオラー・ジェルジ (Oláh György)。ブダペスト工業大学に学ぶ。1956年のハンガリー動乱で家族とともにイギリス、さらにカナダへ逃亡。ダウケミカル社に8年間勤務し、ここでカルボカチオン化学の研究をスタートした。1965年にアカデミアに戻りケースウェスタンリザーブ大学へ、さらに1977年には南カリフォルニア大学へ移動した。現在同大学名誉教授、ローカー炭化水素研究所所長。

主な業績[編集]

五フッ化アンチモンフルオロスルホン酸を組み合わせた「マジック酸」に代表される超強酸を開発した。これを利用して種々のカルボカチオンを発生させ、その性質や反応を解明した。またこの過程で数々の有用な合成手法を開発しており、独創的かつ膨大な研究は極めて高く評価されている。

現在は超強酸を用いる炭化水素からメタノールの生成、それを利用した燃料電池などの新エネルギー研究に取り組んでいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]