ゲオルク・ウィッティヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1979年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:新しい有機合成法の開発

ゲオルク・フリードリヒ・カール・ヴィッティヒ(Georg Friedrich Karl Wittig, 1897年6月16日1987年8月26日)はドイツ化学者。1979年のノーベル化学賞受賞者である。なお本邦では誤って「ウィティッヒ」と称される事があるがドイツ語の「Wi」は「Vi」なので完全に誤りである。

生涯[編集]

ヴィッティヒはベルリンに画家と音楽家の息子として生まれた。カッセルのウィルヘルムギムナジウムで卒業試験まで過ごし、1916年、19歳のときテュービンゲン大学化学科で学び始めた。1920年、マールブルク大学の化学科に移った。カール・フォン・アウヴェルス (Karl Friedrich von Auwers) 教授のもとで研究し、1923年5月7日に博士号を取得した。

同年、マールブルク大学の助手 (Privatdozent) の職を得た。またワルトラウト・エルンスト (Waltraut Ernst) と結婚した。このとき始めた研究は、1926年の教授資格審査 (Habilitation) の論文となる。1930年に上級助教授 (Ober-Assistenten) に昇格し、1932年に准教授 (a.o. Professor) に着任した。この年、ブラウンシュヴァイク工科大学の講師にもなっている。

1937年、フライブルク大学ヘルマン・シュタウディンガー教授のグループに加わった。1939年にテニュアを得て、1944年からテュービンゲン大学で教授 (o. Professor) として教鞭をとった。1942年にデヒドロベンゼン(ベンザイン)の存在を予言した。

1956年からハイデルベルク大学有機化学研究科の学科長となり、オレフィンの一般的合成法を開発した。この合成法はのちにヴィッティヒ反応と呼ばれ、これによりハーバート・ブラウン(ボラン化学)とともに1979年にノーベル化学賞を受賞した。

1953年にアドルフ・フォン・バイヤー賞、1967年にオットー・ハーン物理・化学賞を受賞し、1962年からドイツ科学アカデミーレオポルディナ (Leopoldina) のメンバーになった。ハイデルベルク名誉市民でもあった。

1987年8月26日、ハイデルベルクにおいて90歳で死去した。

ヴィッティヒ反応ビタミンAの工業的合成に使われている。実験室スケールでの C=C 結合生成反応として最も重要である。カルボニル化合物とリンイリドから付加・脱離の過程を経て変換される。

業績[編集]

  • Preparative chemistry; Springer: Berlin, 1976. ISBN 3-540-07932-7
  • Über at-Komplexe als reaktionslenkende Zwischenprodukte; Westdt. Verl.: Köln, 1966.
  • Stereochemie; Akad. Verlagsges: Leipzig, 1930.
  • Zur Erschließung der Benzo-Gamma-pyrone; Habilschr.: Marburg, 1926.
  • Untersuchungen über a-Oxydiphenyl und über die Bildung von Diphenochinonen; Univ. Diss.: Marburg, 1923.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]