ヘンリー・タウベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1983年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:金属錯体の電子移動反応機構の解明

ヘンリー・タウベ(Henry Taube, 1915年11月30日2005年11月16日)はカナダ生まれのアメリカ化学者カナダ王立協会フェロー。1983年、金属錯体電子移動反応機構の解明によりノーベル化学賞を受賞した。

タウベはサスカチュワン州に生まれ、レジャイナにあるルーサー大学付属の高校に通った。1935年、1937年にはサスカチュワン大学から学士号、修士号を得た。1940年にはカリフォルニア大学バークレー校で博士号を取り、1942年にアメリカ合衆国に帰化した。1961年から1986年にかけて、コーネル大学シカゴ大学スタンフォード大学の化学の教授になった。1992年には弟子達によりヘンリー・タウベ研究所が創設され、初代名誉所長を兼任した。

彼がノーベル賞を受賞した研究は、ある分子が他の分子から電子を奪い取る、「酸化還元反応」と呼ばれる研究であった。酸化還元反応は植物の光合成、動物の呼吸や、燃焼など様々な場面で起こる。彼の研究は特に、金属原子を配位子が配位した錯体に関するものだった。彼は反応機構を調べるのに同位体を初めて使用した人物の一人で、無機化学でプローブを初めて使用したのも彼である。ルテニウムオスミウムに関する知見も、彼に負う所が大きい。

2005年11月16日に、カリフォルニア州パロアルトの自宅で、89歳の生涯を閉じた。

息子の一人、カール・タウベカリフォルニア大学リバーサイド校考古学教授で、有名なマヤ文明研究者である。中央アメリカコロンブス以前の文明に関する研究で知られている。