マイケル・スミス (化学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1993年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:DNA化学での手法開発への貢献

マイケル・スミス(Michael Smith, 1932年4月26日 - 2000年10月4日)はイギリス生まれのカナダ化学者で、1993年のノーベル化学賞を受賞している。またカナダ勲章ブリティッシュコロンビア勲章の受勲者である。

スミスは、オリゴヌクレオチドによる部位特異的突然変異法の確立とそのタンパク質研究への発展に関する基礎的貢献によってノーベル賞を受けた。

イングランドブラックプールで生まれ、1956年にマンチェスター大学で博士号を取得した。バンクーバーブリティッシュコロンビア大学にあるハー・ゴビンド・コラナの研究室でポスドク時代を過ごし、その後も2000年に亡くなるまでブリティッシュコロンビア大学にいた。

1987年、ブリティッシュコロンビア大学バイオテクノロジー研究室の責任者となった。

受賞歴など[編集]

  • 1994年 カナダ勲章を受勲。
  • 2001年 マイケル・スミス健康学研究基金が設立された。
  • 2004年 UBCバイオテクノロジー研究所がマイケル・スミス研究所に改称された。
  • 2004年 マンチェスター大学に新設された生物科学研究センターの名前がマイケル・スミスビルとなった。