フランク・シャーウッド・ローランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・シャーウッド・ローランド
人物情報
生誕 1927年6月28日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州
死没 2012年3月10日(満84歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロスアンジェルス
パーキンソン病
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 オハイオ・ウェスリアン大学
学問
研究分野 化学大気化学
研究機関 カリフォルニア大学アーバイン校
主な受賞歴 ノーベル化学賞(1995年)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1995年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:クロロフルオロカーボン(CFC)がオゾン層へもたらす影響に関する研究

フランク・シャーウッド・ローランドFrank Sherwood Rowland1927年6月28日 - 2012年3月10日)は、アメリカ合衆国化学者であり、1995年のノーベル化学賞、また1989年日本国際賞の受賞者である。主に大気化学の分野において、大きな貢献をした人物である。

人物[編集]

オハイオ州出身。オハイオ・ウェスリアン大学卒業。1952年シカゴ大学にて博士号を修得後、プリンストン大学カンザス大学と経て、カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)の教授となる。

1970年より、マサチューセッツ工科大学マリオ・モリーナと共に大気化学の研究に打ち込む。

1978年には、全米科学アカデミーの一員に選ばれ、1993年にはアメリカ科学振興協会の会長を務めた。

彼のもっとも重要な貢献は、スプレー冷媒などに使われるていたクロロフルオロカーボン (CFC) がオゾン層を破壊する実態を発見し、世界規模のCFC規制をもたらしたところにある。これによって1995年に、モリナおよびドイツパウル・クルッツェンと共にノーベル化学賞を受賞した。他、核兵器がもたらす大気への影響に関する研究や、地球温暖化に関する研究などにも携わっている。

ローランドの研究室があったアーバイン校の一校舎は、彼の偉業を称えてノーベル賞が授与された同年にローランドホール (Rowland Hall) と名付けられた。

2012年3月10日、カリフォルニア州ロスアンジェルス市内の私邸にてパーキンソン病合併症のために死去[1]。84歳没。

[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]