ハルトムート・ミヒェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1988年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:光合成反応中心の三次元構造の決定

ハルトムート・ミヒェル(Hartmut Michel, 1948年7月18日 – )は、西ドイツ生化学者ノーベル化学賞受賞者。

彼は、1948年7月18日にルートウィヒスブルクの町に生まれた。徴兵期間終了後、テュービンゲン大学で生化学を学び、高度好塩菌ATPアーゼの実験を行った。

1986年、ドイツ科学界では最も名誉のある、ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞を授与された。

彼は後にX線結晶構造解析に必要な膜タンパク質結晶化の実験に携わった。彼は1988年のノーベル化学賞を、ヨハン・ダイゼンホーファーロベルト・フーバーとともに受賞した。3人は光合成細菌の持つタンパク質複合体の三次元構造を決定したのである。この膜タンパク質複合体は光化学系IIと呼ばれ、光合成を開始するのに重要な働きを持つことが知られている。1982年から1985年にかけて、3人はX線結晶構造解析の技術を使って、タンパク質複合体を構成する1万以上もの原子の配置を決めた。彼らの研究は光合成に対する理解を深め、植物細菌の光合成のプロセスの類似性を明らかにした。

1987年から、彼はフランクフルトにあるマックス・プランク生物物理学研究所の分子膜部門の責任者、およびフランクフルト大学の生化学の教授に就任した。