チャールズ・ペダーセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1987年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:高選択的に構造特異的な相互作用をする分子(クラウン化合物)の開発と応用

チャールズ・ジョン・ペダーセンCharles John Pedersen1904年10月3日 - 1989年10月26日)はアメリカ合衆国化学者。父親はノルウェー人のブレーデ・ペーデシェン(Brede Pedersen)で、母親は、朝鮮で豆やの貿易に携わっていた福岡県出身の日本人一家の娘で安井タキノ。自身も日本名として良男(よしお)という名を持つ。

来歴・人物[編集]

ノルウェー人の航海技師だった父が一時、釜山税関に勤務していたため、大日本帝国日本)の保護国だった大韓帝国慶尚南道東莱郡(のちの大韓民国釜山広域市)で1904年光武8年、明治37年)に生まれる。8歳まで朝鮮で過ごした後、神奈川県横浜市にあるインターナショナルスクールセント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジに学んだ。化学を学ぶため、1922年大正11年)にアメリカ合衆国に渡り、デイトン大学オハイオ州デイトン)で学位を得た後、マサチューセッツ工科大学(MIT)マサチューセッツ州ケンブリッジ)で修士課程を修了した。

MITの教授らは大学に残り博士課程を修めるよう薦めたが、父親から学資を受け続ける生活を嫌ったペダーセンは実務の世界に移った。この決断から数十年後にペダーセンはノーベル化学賞を受賞することとなるのだが、こうした経緯から、ノーベル化学賞受賞者の中では珍しい博士号を持たない人物ということになった。

1927年昭和2年)、デュポン社で研究員として働き始め、65歳で退職するまで、42年間にわたって同社に勤務した。

この間、25の論文と65の特許を残した。1967年(昭和42年)に発表された2本の論文では、クラウンエーテルと命名されたリング状の分子が安定した構造を持つ金属イオンなど電荷を持ったイオンを捕らえる性質を持つことを明らかにした。この発見は超分子化学研究の礎を築き、この論文は今日では化学論文の中でも最も偉大な論文のひとつとみなされている。

この発見の後にこの分野の研究を深めたドナルド・クラムジャン=マリー・レーンとともに、1987年(昭和62年)にノーベル化学賞を受賞した。

1983年(昭和58年)に骨髄腫と診断され、そのため体は急激に弱っていったが、1987年(昭和62年)にはノーベル賞を受賞するため、病身に鞭打ちストックホルムまでの旅行を敢行した。

ノーベル賞受賞の2年後、1989年平成元年)に死去。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]