トニー・ファデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・ファデル

アンソニー ・M・ファデル(Anthony M. Fadell)、通称トニー・ファデル(Tony Fadell, 1969年-)は、アメリカ合衆国のコンピューター技術者であり、2006年から2008年までアップルiPod部門担当上級副社長であった人物。iPodの発案者であり[1]、同製品開発の中心人物の一人。2010年にテクノロジー会社のNest[2]を起業し、家庭でのエネルギー利用の効率化が出来る学習機能を持ったサーモスタットシステムを発表している[3][4]

略歴[編集]

1991年、ミシガン大学を卒業(コンピュータサイエンス専攻)。General Magic(アップル、ソニーなどの出資を得てPDAプラットフォームMagic Capを開発していた会社)、フィリップスの米国子会社を経て、フューズ社を創業。ハードディスクドライブを記録媒体に利用した独自の携帯音楽プレーヤーの開発に着手する。

フューズは資金難から独自製品の開発を諦め、アップルと契約を結ぶ。ファデルは2001年iPod開発の責任者としてアップルに入社。2006年にはジョン・ルビンスタインの後任として、iPod部門担当上級副社長に就任した。2008年11月、同職を退任(後任はマーク・ペーパーマスター)。アップルCEOのスティーブ・ジョブズのアドバイザーとして同社にはとどまっていたが[5]、2010年3月にアップルを退社した[6][7]

脚注[編集]

  1. ^ 『iPod』に隠れた生みの親?
  2. ^ Nest
  3. ^ Thermostat whiz Nest wants to reset your peak power use
  4. ^ Nest buys MyEnergy, giving users more data on power usage
  5. ^ Mark Papermaster Joins Apple as Senior Vice President of Devices Hardware Engineering
  6. ^ Godfather of iPod Severs Final Ties With Apple
  7. ^ iPod 'godfather' Tony Fadell leaves Apple