ジュワン・ハワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュワン・ハワード
Juwan Howard
マイアミ・ヒート
20100425 Juwan Howard against Amar'e Stoudemire.jpg
名前
本名 Juwan Antonio Howard
ラテン文字 Juwan Howard
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1973年2月7日(41歳)
出身地 イリノイ州シカゴ
身長 206cm
体重 115kg
選手情報
ポジション PF
ドラフト 1994年 5位
経歴
1994-2001
2001-2002
2002-2003
2003-2004
2004-2007
2007-2008
2008
2008-2009
2009-2010
2010-2013
ワシントン・ブレッツ
ダラス・マーベリックス
デンバー・ナゲッツ
オーランド・マジック
ヒューストン・ロケッツ
ダラス・マーベリックス
デンバー・ナゲッツ
シャーロット・ボブキャッツ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
マイアミ・ヒート

ジュワン・ハワードJuwan Antonio Howard,1973年2月7日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身の元バスケットボール選手。現在はバスケットボール指導者。身長206cm、体重115kg、ポジションはフォワード。

経歴[編集]

学生時代[編集]

全米で一大旋風を巻き起こしたミシガン大学ファブ・ファイブの一角として学生時代から全米の注目を浴びる。大学時代はセンターでプレイし、背番号は25を付けていた。1年の年から2年連続NCAAトーナメントファイナル進出、ウェバーが抜けた3年目にもエリート8(ベスト8)進出を果たしている。

NBA[編集]

3年時(1994年)のNCAAトーナメント敗退直後にファブ・ファイブのもう一人であるジェイレン・ローズと共にアーリー・エントリーを表明、同年のNBAドラフトワシントン・ブレッツから全体で5位の指名を受けNBA入りを果たした。1年目から17.0得点、8.4リバウンド、2.5アシストと大活躍し、オール・ルーキー2NDチームにも選出された。 2年目には、22.1得点、8.1リバウンド、4.4アシストとさらに成績を伸ばし、NBAオールスター、オールNBA3rdチームにも選出された。3年目には初のプレイオフに進出するも、シカゴ・ブルズにスウィープされた。 1996年にFAになると、マイアミ・ヒートの球団社長であったパット・ライリーに見込まれ、ヒートと長期高額契約を結んだ。ところが、サラリーキャップのルールに反していた為、リーグから契約は取り消され、同じ金額でブレッツと再契約することになった。 その後、フロントコートを組む、クリス・ウェバーゲオルゲ・ムレシャンら主力選手の怪我や移籍もあり、チームは下降線を辿っていった。 2001年には、クリスチャン・レイトナーらとの交換でダラス・マーベリックスへ、2002年には、リーフ・ラフレンツニック・ヴァン・エクセルらとの交換トレードでデンバー・ナゲッツへ移籍した。2003年、再びFAとなり、オーランド・マジックと契約した。

2004年に、トレーシー・マグレディと共に、ヒューストン・ロケッツへ移籍した。ロケッツでは頼れるベテランとして先発、ベンチからの出場とマルチな活躍をした。ロケッツで3シーズンすごした後、2007年6月14日にマイク・ジェームズらとのトレードによってミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍するがバイアウトされる。

その後、ダラス・マーベリックスシャーロット・ボブキャッツポートランド・トレイルブレイザーズとチームを転々とした。ブレイザーズ在籍時の2009-10シーズン、チームはセンターのグレッグ・オデンジョエル・プリジビラが怪我でシーズン絶望と危機的状況になる。ハワードは数少ないインサイドの1人として怪我人続出のチームを支え、プレーオフ出場に貢献した。シーズン後、マイアミ・ヒートへ移籍した。

2013年9月28日、現役を引退。マイアミ・ヒートのアシスタントコーチに就任した。

プレースタイル[編集]

ミュアサン、ウェバーと同時にコートに立つ時は、スモール・フォワードとしてプレイしていた。ウェバーが移籍してからはパワー・フォワードでプレイする機会が多くなった。ディフェンスには問題があるが、器用で得点能力は高く、フックシュートやフェイダウェイを得意としていた。

外部リンク[編集]