ファブ・ファイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左からジミー・キング、ジェイレン・ローズ、クリス・ウェバー、レイ・ジャクソン、ジュワン・ハワード

ファブ・ファイブFab Five)』はファビュラス・ファイブ(英:fabulous5)の略称。「驚異の5人」の意味。1991-92シーズンにミシガン大学がリクルートしたフレッシュマン(1年生)達の愛称。構成はクリス・ウェバージュワン・ハワードジェイレン・ローズレイ・ジャクソンジミー・キング。先発5人が全員1年生という異例の構成[1]、若さ溢れるプレー、それまでなかったファッション(ド派手なイエローでダボダボのジャージ)、シーズン開幕から衰えぬ快進撃、遂にはNCAAトーナメントファイナル進出と、全米で大きな話題となり、翌年も2年連続となるNCAAトーナメント決勝に進出し一世を風靡した。

2年生のNCAA決勝戦、残り11秒の2点ビハインドのとき、チームのエースでありスターだったクリス・ウェバーは既に使い切っているのにタイムアウトを要求してしまう。これによりテクニカル・ファウル(ペナルティー)を取られ、対戦相手(ノースカロライナ大学)にフリースローを献上。その瞬間ミシガン大の2年越しの全米制覇の夢は終了となってしまった[1]。この際、クリス・ウェバーの気持ちを察した時の大統領・ビル・クリントンは彼に手紙を送り慰めたという[2](クリス・ウェバーのファンクラブの名前は「タイムアウト」である)。

93年にウェバーがアーリー・エントリーしてからは「ファブ4」としてエリート8(NCAAトーナメントベスト8)、更に翌年、ローズとハワードが抜けてからも「ファブ2」と呼ばれ17勝14敗で[1]スイート16(同ベスト16)進出を果たしている。

因みにフリースローは総じて雑で、ファブ5の成功率は6割前後だった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Steve Wieberg (2002年3月28日). “Fab Five anniversary falls short of fondness”. USAトゥデイ. 2013年8月18日閲覧。
  2. ^ Bill Clinton wrote Chris Webber encouraging letter following timeout blunder”. dailycaller.com (2013年4月9日). 2013年8月18日閲覧。

関連項目[編集]