ジェリー・スタックハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェリー・スタックハウス
Jerry Stackhouse
JerryStackhouse.jpg
名前
本名 Jerry Darnell Stackhouse
ラテン文字 Jerry Stackhouse
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1974年11月5日(39歳)
出身地 ノースカロライナ州
身長 198cm
体重 99kg
選手情報
ポジション SF/SG
背番号 42
経歴
1995-1998
1998-2002
2002-2004
2004-2009
2010
2010
2011-2012
2012-2013
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
デトロイト・ピストンズ
ワシントン・ウィザーズ
ダラス・マーベリックス
ミルウォーキー・バックス
マイアミ・ヒート
アトランタ・ホークス
ブルックリン・ネッツ

ジェリー・スタックハウスJerry Darnell Stackhouse, 1974年11月5日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州出身のバスケットボール選手。元NBA選手。身長198cm、99kg。ポジションはガード、フォワード。

経歴[編集]

バスケットの名門強豪のノースカロライナ大学からアーリーエントリー。1995年のNBAドラフトフィラデルフィア・セブンティシクサーズから全体の3番目で指名を受けた。ちなみに、この経歴はマイケル・ジョーダンと全く同じである。シクサーズでは持ち前の得点能力を存分に発揮。ルーキーながら1試合平均19.2得点の成績を残し、NBAオールルーキーチームにも選ばれて、一躍チームのスタープレーヤーとなる。1996年のNBAドラフトでシクサーズは後にNBAを代表するプレーヤーとなるアレン・アイバーソンがチームに加入、スタックハウスとアイバーソンのコンビに期待が寄せられ、96-97シーズンは2人で合わせて1試合平均44.2得点を記録した。しかしお互いに得点が持ち味のプレイヤーだったことから、翌97-98シーズンの途中に、スタックハウスはデトロイト・ピストンズへトレードされた。当時のピストンズはグラント・ヒルを中心とした強豪チームだったが、スタックハウスは控えとしてプレーすることになった。

ピストンズのスターターになったのは移籍2年後の99-00シーズンで、スタックハウスはキャリア初の全試合(82試合)出場、1試合平均23.6得点を記録した。続く00-01シーズンにはリーグ2位となる29.8得点を記録してリーグを代表する得点能力のある選手としての地位を築いた。このシーズン終盤に彼はシカゴ・ブルズ相手に自己ベスト、ピストンズ史上最多の1試合57得点を記録した。そのシーズン終了後スタックハウスはワシントン・ウィザーズに移籍してマイケル・ジョーダンと共にプレーした。ウィザーズに移籍した最初の02-03シーズンは1試合平均21.5得点、4.5アシストを記録したが、翌03-04シーズンは故障で26試合にしか出場できなかった。

2004年のオフになって、スタックハウスはダラス・マーベリックスに移籍した。ダーク・ノビツキーら豊富なタレントが揃う中、6THマンとしてプレーした。2006年のNBAファイナルにも出場したが、マイアミ・ヒートにマーベリックスは敗れてチャンピオンリングを獲得することはできなかった。

2009年7月8日、メンフィス・グリズリーズにトレードされたが契約をしなかった。2010年1月17日、ミルウォーキー・バックスに、2010年10月23日、マイアミ・ヒートに、2011年12月9日、アトランタ・ホークスにそれぞれ移籍。

2012年7月11日、ブルックリン・ネッツに移籍。かつてブルックリン・ドジャースでプレーした黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンと同じ背番号42をつけることになった。

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]