バスケットボール殿堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バスケットボール殿堂外観

バスケットボール殿堂(バスケットボールでんどう)はバスケットボール競技における偉大な指導者、レフェリー、選手、特別功労者の栄誉を称え、その歴史を永く記憶にとどめるための施設である。正式名称は近代バスケットボールを形作ったジェームス・ネイスミスの名前を冠して「ネイスミス・メモリアル・バスケットボール殿堂 (The Naismith Memorial Basketball Hall of Fame) 」と呼ばれマサチューセッツ州スプリングフィールドにある。また、カナダオンタリオ州アルモンテにある「ネイスミス博物館と殿堂 (The Naismith Museum & Basketball Hall of Fame)」とは別のものである。

歴史[編集]

1959年アメリカ合衆国マサチューセッツ州スプリングフィールドスプリングフィールド・カレッジに基金が設立され、1968年2月17日に一般公開されることとなった。
1985年には新しいホールがコネティカット川の東岸のスプリングフィールド中心部の近くに設立された。
2002年9月28日には約7,400平方メートルの広大な3番目のホールが建築された。バスケットボールに似せたオレンジ色の球面体を頂いた高い尖塔と、建物前面にある銀色のバスケットボールを象った巨大な半球体が特徴的な建物である。

殿堂入り選手の選定[編集]

入り口前から見た殿堂

バスケットボール殿堂では、他のアメリカのプロスポーツの殿堂とは違い、NBAのアメリカ人選手だけでなく、国籍の区別なく、またプロに限らずアマチュアの選手を含めて選定対象としている。そして、アメリカの候補、女性選手の候補、国際的な候補、過去の名選手候補の各対象のために1つずつ、計4つの選定審査委員会が設置されている。

特定の年に、各委員会の7人のメンバーから5人以上の票を集めた選手は次の段階のオナー委員会へと進出する。このオナー委員会はその候補の選出をした委員会から選ばれた12人の専門家と他の委員会から選ばれた12人、計24人の専門家から成る。最終的にオナー委員会から18票(全体の75%以上の賛成)を集めれば殿堂入りが確定する。しかし、殿堂の役員陣から「バスケットボールの健全性を傷つけた」と判断されると殿堂入り権利は剥奪される。[1] 候補に選ばれるためには引退後5年以上、学生バスケットの場合は引退後25年以上たった選手のみである。

殿堂入り選手の状況[編集]

2006年度の選出が終了した段階で殿堂には、273人の選手と5つのチームが登録され称えられている。273人の内訳は、130人のプレーヤー、73人のコーチ(3人はプレーヤーとコーチの両方で)51人の特別功労者、12人のレフェリーである。 プレーヤーとコーチの両方で殿堂入りを果したのはジョン・ウッデンレニー・ウィルケンズビル・シャーマンの3人である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]