ティム・ハーダウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティム・ハーダウェイ
Tim Hardaway
名前
本名 Timothy Duane Hardaway
愛称 "T-BUG","Tenacious Tim"
ラテン文字 Tim Hardaway
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1966年9月1日(47歳)
出身地 イリノイ州シカゴ
身長 183cm
体重 79kg
足のサイズ 30.5cm
選手情報
ポジション ポイントガード
背番号 5、10(永久欠番)、14
ドラフト 1989年 14位
経歴
1989-1996
1996-2001
2001-2002
2002
2003
ゴールデンステート・ウォリアーズ
マイアミ・ヒート
ダラス・マーベリックス
デンバー・ナゲッツ
インディアナ・ペイサーズ

ティム・ハーダウェイTim Hardaway, 本名Timothy Duane Hardaway, 1966年9月1日 - )はアメリカ合衆国出身の元バスケットボール選手。アメリカプロリーグNBAで活躍し、90年代を代表する選手の一人。183cmと小柄ながら妙技「キラークロスオーバー」を武器に、超攻撃型ポイントガードとして活躍した。2000年シドニー五輪金メダリスト。オールスター戦には5度出場。イリノイ州シカゴ出身。息子のティム・ハーダウェイ・ジュニアは、ニューヨーク・ニックスに所属している。

経歴[編集]

大学時代にはテキサス州大エルパソ校でプレイ。4年生の時には平均22得点、4リバウンド、5.4アシストの記録を残し、身長6フィート(183センチ)以下の優秀な選手に贈られるフランシス・ポメロイ・ネイスミス賞を受賞した。

大学を卒業すると、全体14位でゴールデンステート・ウォリアーズに指名された。1年目は平均得点14.7、アシスト8.7と新人としては優秀な成績を収め、オールルーキーファーストチームに選出された。

2年目以降ハーダウェイの平均得点は20を越えた。当時のウォリアーズは、クリス・マリンミッチ・リッチモンドを擁したリーグ屈指の得点力を持つチームだった。ハーダウェイとマリン、リッチモンドはチームの稼ぎ頭で、3人はそれぞれの頭文字から当時人気のあったミュージシャン「ラン・DMC」をもじって「ラン・TMC」の異名で呼ばれた。

3年目は平均得点23.4で平均アシスト数は10、4年目は平均得点21.5で平均アシスト10.6。2年連続で平均得点20、アシスト10を越えたのはリーグ史上ハーダウェイで5人目だった。また4年目の1992-93シーズン中には、NBA史上2番目の早さで通算得点5,000、通算アシスト2,500に達した。

このシーズンは膝の怪我で16試合を欠場し、のちにハーダウェイを悩ます膝の故障に見舞われた最初のシーズンとなった。1993-94シーズンは膝の怪我で全試合欠場した。

1996年のシーズン中にマイアミ・ヒートにトレードされ、パット・ライリー監督指揮のもとアロンゾ・モーニングジャマール・マッシュバーンらとチームを組むことになった。ハーダウェイはリーグ屈指のポイントガードだった嘗てのプレーレベルを取り戻し、ヒートも東地区を代表する強豪となった。ヒート2年目の1997年にはオールNBAファーストチーム入りを果たした。

チームは毎年地区屈指の成績を残しながらもシカゴ・ブルズニューヨーク・ニックスなどに阻まれ、優勝の機会を得られないまま数年を過ごし、30代の半ばに近づきつつあったハーダウェイの個人成績は徐々に低下していった。2000-01シーズンを最後に、ハーダウェイはダラス・マーベリックスへトレードされ、翌シーズン中にデンバー・ナゲッツに再びトレードされた。このシーズンは平均得点は10を下回り、平均アシストも5以下だった。

翌シーズン、ハーダウェイはどのチームでもプレイせず、ESPN局で放送されたNBAの試合で解説を務めた。次の2002-03シーズン末にインディアナ・ペイサーズとフリーエージェントとして契約、10試合に出場し、シーズン終了後に引退した。

ハーダウェイは1994年バスケットボール世界選手権大会にドリームチームIIのメンバーに選出されたが、故障で出場は出来なかった(ケビン・ジョンソンが代役に選ばれた)。2000年シドニーオリンピックでも米国代表チームに選出され、こちらは金メダルを獲得した。

2005年ABAフロリダ・ピットブルズ(現在のマイアミ・マジェスティ)のヘッドコーチと副オーナーに就任した。チームは2007年よりCBAへ参入する。

2009年9月17日マイアミ・ヒートの永久欠番となった。

2013年2月15日殿堂入り候補に選ばれた。

備考[編集]

・ハーダウェイは妻との間に二人の子供(ティム・ジュニアとニア)がいる。父親のドナルド・ハーダウェイはシカゴでは有名なストリートのバスケットボール選手だった。現役時代は1アシストするごとにアメリカ癌協会と癌治療センターに20ドルを寄付していた。

・ヒザの怪我をする前は度々ダンクをしていたが、怪我の後は一切ダンクをしなくなった。

・「キラークロスオーバー」のイメージが先行しているが、実は名3Pシューターであり、クラッチシューターでもある。

・ハーダーウェイのシュートは回転しない事で有名。 ハーダーウェイの生まれ育ったシカゴは「ウインディーシティ」と呼ばれるほど常に風が強く、ストリートでその風にシュートの軌道を変えられぬ様、回転のかからないシュートが身についたと言われている。

外部リンク[編集]